「柴崎が歴史を作った」 バルサ戦衝撃ボレー弾に古巣テネリフェ地元紙も賛辞

「柴崎が歴史を作った」 バルサ戦衝撃ボレー弾に古巣テネリフェ地元紙も賛辞

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/17
No image

リーガ初ゴールを「スペクタクルな左足のボレー」と讃える

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラ第4節の本拠地バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足の鮮やかなボレーシュートでリーガ初得点をマークした。古巣テネリフェの地元メディアは「歴史を作った」と衝撃の一撃を報じている。

この男の勝負強さは本物だった。0-0で迎えた前半39分、MFマルケルが頭で落とした浮き球に反応した柴崎は迷うことなく左足を振り抜く。ボールの芯を捉えた強烈なシュートは、ドイツ代表GKテア・シュテーゲンでもなす術がなく、ゴールネットを揺さぶってスタジアムに歓喜の瞬間をもたらした。

開幕3試合を無失点で抑えてきたバルサから奪った、柴崎のリーガ初ゴール。昨季プレーしたテネリフェの地元メディア「エル・ドルサル」では、「ガク・シバサキがラ・リーガ・サンタンデールの歴史を作った。この日、本人はFCバルセロナを相手に初ゴールを奪った。彼らはここまで無失点だったが、ペナルティーエリアの端からスペクタクルな左足のボレーを決めてテア・シュテーゲンのゴールを破った」とレポートされている。

柴崎は負傷のため後半開始早々に途中交代し、チームも逆転されて1-2で敗れたが、存在感は傑出していた。

リーガで得点した6人目の日本人選手に

また、昨年12月のFIFAクラブワールドカップ決勝でバルサの宿敵レアル・マドリードから2ゴールを奪ったことは記憶に新しい。そしてバルセロナとレアルのスペイン二大巨頭からゴールを奪った初の日本人選手という金字塔を打ち立てたことも、併せて紹介されている。

スペイン紙「AS」では城彰二氏(元バジャドリー)、家長昭博(元マジョルカ/現・川崎フロンターレ)、大久保嘉人(元マジョルカ/現・FC東京)、清武弘嗣(元セビージャ/現・C大阪)、乾貴士(エイバル)に続き、リーガで得点した6人目の日本人選手になったことも報じられている。これまで日本人選手にとっては鬼門とされてきたスペインで、柴崎は輝きを放っている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PSG カバーニいじめ発覚か
メッシ、マークについた若手DFの健闘称える。「マンCから来たの? 何歳?」
マルロン バルサ復帰を熱望
香川、CLレアル戦はベンチスタートか...ドルト公式が先発予想発表
レアルが最初の山場・ドルト戦に挑む...ジダンも参加し前日調整(8枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加