浦和興梠が得点ランキングトップ17点目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

<明治安田生命J1:浦和1-1磐田>◇第26節◇17日◇エコパ

8位の浦和レッズは6位の磐田と1-1で引き分けた。

エースFW興梠慎三が得点ランキング単独トップに立つ今季17ゴール目を奪った。前半に先制されて迎えた後半34分、中盤からMF青木拓矢が送った浮き球のパスに反応。相手DFラインの裏へ抜け出してペナルティーエリア内へ進入し、頭で合わせて同点弾を決めた。

その後も攻勢を崩さなかった浦和だったが、惜しいシーンを作るもゴールにはつながらず。勝ち点1を分け合う結果となった。

中2日で迎える天皇杯準々決勝(熊谷)では、現在リーグ首位の鹿島と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
端から見たら「良い内容」も...筑波大FW戸嶋祥郎が感じた“プロとの違い”(8枚)
【週末の対戦予定】吉田は“超強力”マンU攻撃陣を封じられるか...首位・鹿島はG大阪と対戦
FC東京・米本、復帰支えた一般女性と結婚 昨年3度目の膝手術
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
カシマが恐怖のスタジアム「殺人鬼の館」になる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加