阪神・岩田が好投 7回3安打1失点、2勝目権利持って降板

阪神・岩田が好投 7回3安打1失点、2勝目権利持って降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

7回、併殺でピンチを切り抜け、笑顔で大和に声をかける岩田(撮影・飯室逸平)

「DeNA-阪神」(11日、横浜スタジアム)

阪神の先発・岩田が7回3安打1失点と好投。大量援護にも守られながら、2勝目の権利を持って降板した。

序盤から気迫あふれる投球だった。初回、野手の失策と四球で2死一、二塁を背負ったが、4番・ロペスを右飛、続く宮崎を投ゴロに抑えて波に乗った。二、三回を3者凡退に抑えると四回。2死から宮崎にこの日初めての安打を浴びたが、続く戸柱を見逃し三振に抑えた。

7点のリードで迎えた五回、1死一塁から倉本に左中間を破られて1点を失ったが、最少失点でこの回をしのいだ。六回には筒香に直球勝負。空振り三振を奪うなど、最速146キロの直球で強気に押した。99球、4奪三振で試合を作った。

この日、エース・メッセンジャーが「右足腓(ひ)骨骨折」で離脱。ローテーションの再編を強いられるなど、苦しいチーム事情の中でベテランが価値ある好投となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
ホークス絶対的守護神サファテは50S達成なるか、NPB記録更新はほぼ確実
“天理のバレンティン”神野は不発「変化球でうまく攻められた」
巨人・山口が書類送検 被害者とは示談成立と球団発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加