【16歳一問一答】戸塚優斗、14日の決勝へ「メダルを持って帰りたいですね」/スノボ

【16歳一問一答】戸塚優斗、14日の決勝へ「メダルを持って帰りたいですね」/スノボ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第5日(13日、フェニックス・スノーパーク)男子スノーボードハーフパイプの予選が行われ、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は1回目の80・00点をマークし、10位で14日に行われる決勝に進んだ。戸塚は1回目の1番スタートだったが、安定感のあるライディングで予選を突破した。

--予選の滑りは

「1本目、決めれたんですけれど、高さが出なかったんで、2本目で高さを意識していったらダブルでちょっと抜けを失敗して出ていったんで、そこを決勝で修正できたらいいかなって感じですね」

--予選の戦略は

「やっぱり緊張してて、すごいちょっと。自信ある技を、そういうのをやっていきました」

--初五輪、トップバッターでの演技

「1人目ですごい緊張したんですけれど…。2本目はすごい楽しめたんで良かったですね」

--決勝に向けて

「決勝は、高さも出て自分の持ってる技も全部出し切って滑り切れたらいいですね」

--目標は

「メダルを持って帰りたいですね」

No image

予選1本目を滑る戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
ザギトワ、フィギュアのルールに一石...「得点主義」「フィギュアじゃない」と批判殺到
落差すごい。「一般人がイメージするプログラミング」と「実際のプログラミング」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加