アントニオ猪木氏、青マフラーでDeNA後藤に闘魂注入「元気があれば優勝もできる」

アントニオ猪木氏、青マフラーでDeNA後藤に闘魂注入「元気があれば優勝もできる」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/08/17
No image

DeNAのG.後藤武敏内野手に“闘魂注入”したアントニオ猪木氏 (C)ORICON NewS inc.

元プロレスラーで参院議員のアントニオ猪木氏が11日、横浜スタジアムで行われたDeNA対阪神戦の試合前に登場し、おなじみのビンタでDeNAのゴメスことG.後藤武敏内野手に“闘魂注入”した。

【写真】ハマスタの観客とともに「1.2.3.ダー!」

DeNAが毎年夏に開催している恒例イベント『勝祭2017』のスペシャルゲストとして、横浜市出身の猪木氏が参加。いつもの赤いマフラーではなく、DeNAカラーであるブルーのマフラーをして登場した猪木氏は大「イノキ」コールで迎えられた。

猪木氏は「元気ですか! 元気があれば何でもできる。元気があれば優勝もできる」とおなじみのフレーズで地元球団のDeNAを激励。球場に大歓声がこだました。さらに「炎のファイター」を入場テーマとして使用するG.後藤武敏内野手に選手を呼び寄せると、左ほほにビンタし、闘魂を注入。最後は「1.2.3.ダー!」の唱和で盛り上げた。

イベント後、囲み取材に対応した猪木氏は「あんまり100%で(ビンタを)入れるわけにはいかないでしょ」と試合前とあって手加減したことを明かした。横浜生まれだが、横浜スタジアムに足を踏み入れたのは初めて。「今日は幸い、そんなに暑くなかった。逆によかったんじゃないかな」と初のハマスタを満喫し、現在3位のDeNAには「もうちょっと首位との差を縮めてもらわないと」とゲキを送っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸国際大付・花村、聖地マウンドで輝き放った162センチ左腕
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
ロッテ酒居プロ初勝利「素直にうれしい」地元で完投
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加