ポルシェジャパン、軽量新型モデル「911カレラT」の予約受注開始...1432万円

ポルシェジャパン、軽量新型モデル「911カレラT」の予約受注開始...1432万円

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

ポルシェ 911カレラT

もっと画像を見る
ポルシェジャパンは、大幅な軽量化を実現した新モデル『911カレラT』の予約受注を12月6日より開始した。

911カレラTは、1968年に発売された『911T』の復刻とも言える新モデル。911Tは当初、最高出力を110psにデチューンしたエンジンなど、廉価モデルと見られていたが、ムダを削ぎ落とした軽量ボディや、クルマと一体になるような独特のドライブフィールで多くのスポーツカーファンの支持を集めた。

新型911カレラTも911T同様、軽量化されたボディが特徴だ。リアウインドウとリアサイドウインドウに軽量ガラスを採用したほか、遮音材の削減やリアシートの省略などにより、911カレラ比で20kgの軽量化を実現。最大出力370psを発生する3.0リットル水平対向6ガソリンツインターボを搭載し、0~100km/h加速4.2秒と、卓越したパフォーマンスを発揮する。

価格は1432万円。トランスミッションは7速PDKのみで、左ハンドルの予約受注は12月6日から2018年1月8日までの期間限定となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
民泊新法の施行で健全な市場を 百戦錬磨の上山康博社長に聞く
マツダ、いよいよ初期型「ロードスター」のレストア・サービス受付を開始 外装修復のみなら250万円から
現金至上主義者はこれから「社会悪」と言われるかもしれない
「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
  • このエントリーをはてなブックマークに追加