“燕のタフマン”ドラ2大下 持久走ちぎった「自分に負けない」

“燕のタフマン”ドラ2大下 持久走ちぎった「自分に負けない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

ヤクルトのドラフト2位・大下(三菱重工広島)が持久力を発揮した。新人合同自主トレでの12分間走で後続をちぎり、約3キロ駆け抜けてトップ。

No image

ヤクルトドラフト2位の大下

「投げるスタミナと走るスタミナは違うけど、ランニングの終盤に自分に負けないという気持ちは、投球にも生きてくる」と胸を張った。

最速150キロを誇る即戦力右腕で、キャンプ1軍スタートも内定している。持ち味は制球力と粘りの投球スタイル。亜大時代など走り込み中心の練習で鍛えられてきた。決して走力自慢なわけではないが「長距離は頑張れば気の持ち方次第。そこでアピールしないと」と話す。ハートの強い「燕のタフマン」が開幕ローテーション入りを目指す。 (後藤 茂樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA・宮崎、今季は“香”打率!連続首位打者へ新兵器
4番・筒香で金だ!侍ジャパン、2年後東京五輪へ本格始動
星野さん東京お別れ会3・19検討、大阪でも開催へ
新旧怪物対決!日本ハム清宮が松坂との対戦心待ち
飯塚高史vs葛西純 串刺し、のこぎり...壮絶流血戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加