東電・中部電合弁、豪州からLNG船到着

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/11/13

東京電力ホールディングスと中部電力の共同出資会社、JERA(ジェラ)は13日、オーストラリアの液化天然ガス(LNG)事業「ウィートストーン」からのLNG積載船が日本に初めて到着したと発表した。JERAは同事業で年約520万トンを最長20年買い取る契約を結んでおり、「調達の安定性が向上する」としている。積載船は約7万トンを載せ、12日に東京電力フュエル&パワーの富津基地(千葉県)に到着した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東芝、約6000億円の第三者割当増資を決定
7年連続増加!上場企業2,172社の平均年収
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
バロンズ、米株相場の下落は企業の過剰債務が主因なのか
【東京モーターショー2017】小型車に力を入れてきたダイハツの出展車両をご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加