神宮大会大学の部 星槎道都大の初Vか、日体大37年ぶり優勝か

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮野球大会大学の部は14日、準決勝を行い星槎道都大、日体大が勝ち15日の決勝で対戦することになった。星槎道都大は環太平洋大に8回コールド勝ち、日体大は松本が好投して東洋大を下した。今季で勇退を表明している東洋大の高橋昭雄監督は最後の試合となった。

星槎道都大は北海道勢としては初の決勝進出。日体大は1980年以来37年ぶり、2度目の優勝を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
欧州年間ベストイレブン、50名の候補選手発表。CL連覇のレアルから最多11人
監督が前立腺がんを緊急告白
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加