新型コロナウイルス 患者搬送の救急隊員が感染

新型コロナウイルス 患者搬送の救急隊員が感染

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/02/16
No image

動画を見る(元記事へ)

新型コロナウイルスに横浜市消防局の30代の救急隊員の男性が新たに感染していたことが分かりました。男性は横浜港のクルーズ船から感染した患者を搬送していました。

横浜市:「新たに新型コロナウイルスに感染した患者が報告されました。横浜市の消防職員でございます」
横浜市などによりますと、30代の救急隊員の男性はクルーズ船から新型コロナウイルスの感染が確認された患者を10日午後3時20分ごろに搬送した際には、防護服を着てゴーグルとマスクをしていたということです。男性はその日の午後11時ごろに38度の熱が出ました。発熱した後に1度だけ指令を受けて別の現場に出動しています。翌日の11日には熱は下がりましたが、14日に検査したところ陽性と判明しました。男性がクルーズ船の患者を運んだ救急車には他にも救急隊員2人が乗っていましたが、これまでに体調不良などは確認されていないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型コロナウイルス 東京で新たに会社員3人が感染
槇原敬之「僕はやってない」実父語った留置場での意外な告白
新型コロナ拡大、イベント中止が続出...売上3割減の企業も、東京五輪への恨み節が再燃
【報ステ】千葉・船橋で工場火災 黒煙立ち上る
【報ステ】各地“異変”の3連休 イベント中止も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加