“日本一稼ぐ”エンリケも結婚! 「キャバ嬢を射止めるのはどんな男性?」歌舞伎町オーナー社長に聞く!

“日本一稼ぐ”エンリケも結婚! 「キャバ嬢を射止めるのはどんな男性?」歌舞伎町オーナー社長に聞く!

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/01/25
No image

名古屋・錦にある「アールズ・カフェ」で7年連続ナンバー1に君臨し、バースデー・イベント3日間で、2億5000万円以上の売り上げを達成したこともある“日本一稼ぐキャバ嬢”ことエンリケ(小川えり)。昨年11月に惜しまれながら現役を引退し、今後の動向に注目が集まっていた中、去る1月1日に、突如、結婚を発表。エンリケのYouTubeチャンネルやSNSには祝福コメントが殺到したが、一方で「旦那さんってどんな人なんだろう?」といった声も多数見受けられることに。

エンリケ自身が「去年の4月くらいに出会いまして、自分のお客さんでした」「お金を特別持っているというわけでもない」と語っているが、「婚約指輪は約1300万、結婚指輪は約500万で総額約2000万」とも明かしていることから、ネット上では「やっぱりお金持ちとしか思えない!」「どんな仕事をしているのかな?」などと大盛り上がりしたのだ。

エンリケに限らず「人気キャバ嬢の結婚相手」は、人々の興味関心をそそる話題だが、お相手男性に何かしらの特徴や傾向はあるのだろうか。今回、そんな“夜の街”の知られざる事情を探るべく、新宿・歌舞伎町のキャバクラ「クラブアップス」「アップスター 」「VIKINI」「VIPLeo」のオーナー社長であり、コラムニストとしても活躍する内野彩華さんに話をうかがった。

人気キャバ嬢を射止めるのは「派手に金を使う男」とは限らない?

その美貌と卓越した接客術で大金を稼ぐ人気キャバ嬢たち。自ずと結婚相手も「お金持ちに違いない」と想像する人が多いようだが、実際のところはどうなのだろうか。

「お店のお客さんと結婚するキャバ嬢は多いですね。お相手の年齢は千差万別。20歳くらいで水商売の世界に入ることが多いのですが、始めたばかりの子は、シャンパンをポンポン開けてくれるような派手にお金を使うお客さんに目が行きがち。22~23歳くらいで結婚する子は、今流行りの業種でいうと、 不動産・建設関係、金融関係、あと情報商材などを取り扱う仕事の男性とゴールインするケースが多いと思います」

しかし、派手に使えば使うほど、「お金はなくっちゃいますよね」と本質を突く内野さん。そのため、「借金を抱えてしまい、キャバ嬢に『お金を貸してほしい』などと持ち掛けるようになって離婚してしまったり、結婚に至らず破局することも珍しくありません。そもそもキャバクラで大金を使う人って、それだけ稼いでいるわけですが、その分大きなストレスも抱えているので、それを発散するように女遊びに走り、交際を続けられないこともよくあるんですよ」という。

「なので、そこからさらに水商売歴を重ねた25歳以上のキャバ嬢は、そこそこ稼いではいるものの、店では派手にお金を使わない……例えば土地やマンション、車など、自分のものにお金を使い、堅実にかつ豊かに暮らしている男性を選ぶようになります。自営業の方や会社の役員さんに多いですね」

その後、30歳に近づいてくると、キャバ嬢は水商売に疲れてしまい、「早く結婚相手を選ばなくては」と考えるようになるそうだ。

「その場合だと、フラッと店に飲みに来ただけという、価値観や金銭感覚が合う同い年の男性と結婚することもありますね。あと同郷の幼なじみと結婚する例も」

キャバ嬢を射止める男性は、お店で大金を使い、高価なプレゼントを贈っていそう……そういったイメージを持つ人も少なくないだろうが、一概には言えないようだ。

一方で、こうした傾向に当てはまらない相手と結婚したケースでは、「同業者」が挙げられるという。

「例えばホストですね。うちの店の女の子にもいましたよ。ただ、妻側がお店を辞め、夫がそのままホストを続けていると、妻は嫉妬心を抱くようになるみたいで、結局夫側も引退することに。なので、キャバ嬢とホストが結婚すると、意外に地味に暮らすようになるものなんですよ。それから、売れないバンドマンなど、夢を追いかけている男性を『支えたい』と言って、結婚した話も聞きますね」

先でも触れられたように、内野さんによると、お客さんと結婚するキャバ嬢は少なくなく、エンリケもまたそのケースに当てはまる。キャバ嬢を射止められるお客さんとそうではないお客さんに、大きな差はあるのだろうか。

「水商売をしている女性全般的に、異性関係にだらしない男性は嫌いだと思います。女の子にチヤホヤされたいからと言って、いろんな店に行って指名をするお客様は好かれないでしょうね。ただ、水商売を始めたばかりの子は、やっぱりお店で『シャンパ ンを入れてほしい』と言ったら、その通りにしてくれる男性が好きだから、本来の人間性に気づかずにお金に浮かれて、心が動いてしまうというのはあると思います」

逆に、水商売経験を重ねた25歳以降のキャバ嬢には、「飲み慣れていない」「キャバクラに行くのは接待のときくらい」といったお客さんの方が、より良く目に映るようだ。

「キャバ嬢が結婚を考えるタイミングについてですが、『若いうちに玉の輿に乗ってやろう』と考えている子は別として、だいたい『30歳くらいまでには』という子が多いように思います。なので、30前になると結婚を考え始める。うちの店の子でも、そのくらいの年頃になると、お金を派手に使うお客さんではなく、フリーでついたお客さんと番号交換をするなど、普通に出会いを求めていますよ」

ネット上の話題をかっさらったエンリケの結婚も、こうした傾向に当てはまっているのだろうか。今後また有名キャバ嬢が結婚を発表した際には、内野さんの考察を振り返りつつ、気になるお相手を想像してみてもいいかもしれない。

内野彩華(うちの・あやか)
新宿・歌舞伎町のキャバクラを経営。アップスグループのオーナー社長。津田塾大学情報数理学科在学中から銀座のクラブで働き、人気・売り上げともにナンバーワンに。新卒で日本オラクル(株)に入社し、営業を経験。1年半でトップセールスになる。25歳で会社を辞め、歌舞伎町でキャバクラを開業。独自の恋愛哲学を持ち、『男が手放さない女のヒミツ―「あ、この子いいな」が「ずっと一緒にいたい」になる』(大和出版)など著書多数。一方、これまでに約3万人の起業家・会社役員と接した経験から、起業セミナーや経営者の為の講演会などでも活躍。キャバ嬢育成、
キャバクラ立ち上げ、既存キャバクラの経営指導にも日々取り組んでいる。一児のママ。
公式サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男性が好きな「言葉攻め」。彼女が彼氏にやってあげても、絶対に効果的なはず
男にも女にも自然と愛されちゃうのはこんな女性! 5つの特徴
「げっ...こいつヤバい!」と男が思う、女性からのめんどくさいLINE
そこ!?彼が明かす「彼女を3割増しで好きになった」瞬間・5選
「イイな、と思ったら止められなかった...」“憧れの彼”に再会した女が迎える、恋の結末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加