ソフトバンク、Uberへの出資について「なされない可能性もある」

ソフトバンク、Uberへの出資について「なされない可能性もある」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14
No image

ソフトバンクグループは11月14日、米ウーバー・テクノロジーズ(以下、ウーバー)への出資に関してコメントを発表した。

ソフトバンクはウーバーへの出資について、「今後のプロセスについては基本的な合意をしています」としながらも、「現時点では最終的な合意はしていません」とした。

また、「取得株式価格と取得株式数がソフトバンクグループ側の満足にいくものにならなければ、出資はなされない可能性があります」としており、出資の取りやめも視野に入れ、交渉を継続していることを示した。

ウーバーは、配車アプリ「Uber」や、フード配達サービス「UberEATS」などの運営会社。ソフトバンクからウーバーへの出資については、米Bloombergが最大100億ドル規模の交渉が成立予定であると報じていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
「加熱式たばこ」増税検討、「タチの悪い課税」の声も
「ブラックフライデー」始まる、日本では1日前倒しで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加