『レインボーシックス シージ』「オペレーション エンバーライズ」国内情報が解禁―新要素を一挙紹介

『レインボーシックス シージ』「オペレーション エンバーライズ」国内情報が解禁―新要素を一挙紹介

  • Game Spark
  • 更新日:2019/08/19
No image

『レインボーシックス シージ』「オペレーション エンバーライズ」国内情報が解禁―新要素を一挙紹介

もっと画像を見る

No image

ユービーアイソフトは、『レインボーシックス シージ』YEAR4シーズン3「エンバーライズ」の国内向け情報を公開しました。

「エンバーライズ」では、攻撃側オペレーター「Amaru」と、防衛側オペレーター「Goyo」の2人が追加されマップ「運河」がリワーク。更に新たに「バトルパス」の導入が決定し、無料で実施されるフェーズ1「HARRYと呼んでくれ」がYEAR4シーズン3の間に配信されます。

以下はリリースからの引用になります。

新オペレーターペルー出身の攻撃側オペレーター「Amaru」とメキシコ出身の防衛側オペレーター「Goyo」が今シーズンでは追加されます。元考古学者の「Amaru」はG8A1オートライフルとSupernovaショットガンを装備しています。さらに「Amaru」はガラフックを使って高い場所に記録的な速さで移動することが可能です。さらにガラキックを使えば窓の向こうに立っている敵を瞬時に倒すことが出来ます。「Amaru」は「Goyo」を育てるのを手伝いました。元メキシコ特殊部隊員の「Goyo」は危険なボルケーンシールドを使います。他の展開型シールドと同じく、ボルケーンシールドではカバーすることも、防衛側が経路を塞ぐことも可能ですがシールドに付いている焼夷爆弾を使えば爆発させることも可能です。マップのリワーク新オペレーターに加えて今シーズンでは「運河」マップが新しくなりました。再調整により東と西の建物をつなぐ経路が加わりトーテーションしやすくなりました。さらに2つの階段が追加されたことによりマップが縦に動きやすくなったことで屋内のプレイ可能なエリアが広がりました。さらにキッチンにあった爆弾がセキュリティルームに移動し、無線室にあったエリアは広くなったラウンジへと移動しました。バトルパス『レインボーシックス シージ』には新たに「バトルパス」が加わります。YEAR4シーズン3の期間中にはバトルパス第1弾としてレインボーのディレクター、DR.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデーにフォーカスしたミニバトルパス「ハリーと呼んでくれ」が無料で追加されます。バトルポイントを手にれるとプレイヤーはクラスをアンロックして様々なリワードを手に入れることができます。そして全て完了すると「チビHARRY」を手に入れることができます。その他アップデートそれに加えてこのようなアップデートが追加されます・ランキングやMMRを変動させることなく対戦の練習ができるマルチプレイプレイリスト「アンランク」・チャンピオンランク・ランク、カジュアル、アンランクでのマップローテーションの刷新・迷惑行為に対応するためのプレイヤー行動のアップデート・オペレーターメニューの再調整・ショップのインターフェースの向上

最新シーズン「オペレーション エンバーライズ」は、まずWindows PC版テストサーバー(英語版)にて8月19日からプレイ可能となり、その後9月にPS4/Xbox One/PCの全機種で実装される予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キャンドゥ「パスワード管理帳」に感動の声続出!パス忘れ&再設定の悪循環から脱出
スマホの決済サービスが増えすぎてわからな~い!がひと目でわかるカオスマップ登場
自然な話し方を習得する世界初のAIを搭載!Wi-Fiルーターとしても使えるリアルタイム音声翻訳機「Langogo」
超ハードコア陸海空網羅戦略ストラテジー続編『Command: Modern Operations』発表
手のひらサイズで録画も可能。HDMI出力のテレビチューナー「AUB-100シリーズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加