ハノイ名物“エッグコーヒー”の発祥の店「CAFE GIANG」

ハノイ名物“エッグコーヒー”の発祥の店「CAFE GIANG」

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2017/10/11
No image

ハノイ名物“エッグコーヒー”の発祥の店「CAFE GIANG」

東南アジアの一国・ベトナムの街には、いたるところにカフェがあります。世界的にみても顕著なほど、カフェ文化が華やかな国、それがベトナムなのです。そしてなかには、日本では見かけない珍しい種類のコーヒーも。そのなかのひとつが「エッグコーヒー」です。ここでは、ベトナムの首都・ハノイにある、この卵入りコーヒーの元祖のカフェ「CAFE GIANG」をご紹介します。

まるで隠れ家のような場所にあるカフェ

No image

写真:中川 康雄

このお店があるのは、ベトナムの首都・ハノイの旧市街。たくさんのカフェがあふれているエリアです。「エッグコーヒー」はこのあたりの観光の目玉のひとつにもなっているので、「エッグコーヒー」の看板を掲げたお店がいくつもあります。けれども、やはり「元祖」のお店をおさえておきたいところ。お店の看板をしっかり確認して、場所を確認しておきましょう。

お店の名前「CAFE GIANG」は、現在のオーナーの父親であるグエン・ザンさん(Nguyen Giang)に由来しているのだとか。

No image

写真:中川 康雄

この「エッグコーヒー」発祥のお店「CAFE GIANG」は、古びたビルのなかにお店をかまえています。出入り口は狭く、入ってからも長細い通路をとおっていきます。ぱっと見は人気がなかったりもするので、ちょっと不安になるかもしれません。ですが、まっすぐ進んでいくと、通路に先にお店が見えてきます。まるで隠れ家のような、そんな雰囲気も漂わせているカフェです。

人との距離を縮めるローカルなスタイル

No image

写真:中川 康雄

店内は1階部分はそんなに広くはないのですが、2階部分はなかなか」広々とした空間が広がっています。元祖「エッグコーヒー」として有名なカフェなので、外国からの団体の観光客の人びとも多いのも特徴。そのためいつも繁盛していますが、回転も早いお店なので長い時間待つこともなく着席することができるでしょう。

No image

写真:中川 康雄

座席は、ベトナムのローカルスタイルである、低めのテーブルと椅子。このスタイルでは、人と人との距離が近くなり、なんとなく人と人との距離感が縮まってフレンドリーな雰囲気に。ベトナムの街には至るところにカフェがあり、そこで多くの人たちが会話を楽しんでいるのですが、このスタイルがフランクな会話を演出しているのもしれません。

No image

写真:中川 康雄

メニュー表は壁に貼り付けてあります。「Cafe Trung」と書いてあるのが「エッグコーヒー」のこと。このカフェを訪れるほとんどのお客さんが、注文する看板メニューです。ベトナム語は発音が難しく、慣れないとなかなか言葉が伝わらないことも多いので、オーダーが英語式の「エッグコーヒー」でも通じることも嬉しいポイント。
お値段は25000ドン(約125円)となっています。

ハノイ名物!元祖「エッグコーヒー」とは?

No image

写真:中川 康雄

そして、こちらが卵黄が入ったコーヒーメニュー「エッグコーヒー」。冷めないようにお湯の入った器にカップが入っているのもの特徴です。こういった気遣いも嬉しいですね。

このコーヒーが誕生したのは1946年。牛乳が手に入りにくい時代、その代わりに考案されたのがこのコーヒーなのだとか。そういった歴史的な背景に思いをはせることができるのも、こういった名物を楽しむときの重要なポイント。まさにハノイ名物といえるコーヒーです。

卵とコーヒーの相性の良さに先入観が崩れ落ちる!

No image

写真:中川 康雄

「エッグコーヒー」は、コーヒーの上からトロッとした卵入りのクリームを注いだような状態で提供されます。これはそのままで飲むのではなく、よくかき混ぜてから飲むもの。

ベトナムコーヒーは、グラスの底にコンデンスミルクを入れて、その上からコーヒーを注いで、白と黒の層ができたものを各自で混ぜ合わせて飲むのがスタンダードなのですが、このコーヒーはその白と黒の層が反対になっています。

No image

写真:中川 康雄

そしてこちらが、よくかき混ぜたあとの状態。気になる味のほうですが、濃いめでクリーミーな味の濃いコーヒーといったところ。動物性のタンパク質やミネラルなどの栄養も入っている珍しいコーヒーです。意外にも卵とコーヒーも相性がよく、味がケンカしていません。卵っぽさはあまり感じさせず、ミルクのようなコクとまろやかさがあります。

ベトナムの創造性の高さを感じさせるコーヒー

いかがでしたか?ベトナム・ハノイにある、「エッグコーヒー」発祥のお店「CAFE GIANG」。その歴史的な経緯を含めて、ベトナムの人びとの食に対するクリエイティビティの高さを感じさせてくれるコーヒーです。その元祖のお店で味わえるのは貴重な体験。コーヒー好きな人には、ぜひ一度は足を運んでもらいたい観光スポットでもあります。
近い将来、もしかしたら日本でも流行るかも!

<基本情報>
住所:39 Nguyen Huu Huan, Hoan Kiem District, Ha Noi
電話番号:+84 24 6294 0495

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

関連MEMO

【たびねす】ホーチミンで一番美味しいと噂のバインミー屋さん「BANH MI HUYNH HOA」

【たびねす】ヤギ肉が美味しい!ホーチミン ベトナムカレーの名店「バイホン」

【たびねす】ベトナムの古都・フエ、おすすめのご当地グルメ5選

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ラーメン二郎全店制覇】ラーメン二郎 神田神保町店 / 豚ダブル / ニンニクアブラ / 生卵
台湾で一大旋風を起こしたプルプルチーズカステラ
多忙なビジネスマンはランチでも仕事がしたい!渋谷駅近でノマドするならこの5択!
今しか味わえない♡オトナのための贅沢ハロウィンスイーツ9選
良いのはコスパだけじゃない!池袋「ドリームコーヒー」の玉子トーストを一度でいいから食べてくれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加