VW、排ガス不正から2年半 日本でディーゼルエンジン搭載の新型「パサートTDI」発売

VW、排ガス不正から2年半 日本でディーゼルエンジン搭載の新型「パサートTDI」発売

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2018/02/15

エコカー減税対象

フォルクスワーゲングループジャパンは2018年2月14日(水)、ターボディーゼルエンジン「TDI」を搭載したミッドサイズセダン「パサートTDI」と、ステーションワゴンモデル「パサート ヴァリアントTDI」を発表。同日から全国で発売しました。

No image

「パサートTDI ハイライン」のイメージ(画像:フォルクスワーゲングループジャパン)。

2015年9月に排出ガス規制の不正が発覚してからおよそ2年半。VWのディーゼルエンジン車が日本へ上陸しました。

「パサート」は、初代が1973(昭和48)年に登場。今回は9世代目にあたります。

「パサートTDI」「パサート ヴァリアントTDI」は、最高出力140kW、最大トルク400Nmの2.0L TDIエンジンを搭載。日本のポスト新長期排ガス規制に適合しており、エコカー減税対象です。

フォルクスワーゲンの総合安全コンセプト「Volkswagen オールイン・セーフティ」に基づく安全装備を標準搭載。渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」やプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」などを装備しています。

燃料消費率(JC08モード)は20.6km/L、トランスミッションは6速DSG(自動変速)です。「エレガンスライン」と上級の「ハイライン」の2グレードをそれぞれのモデルに設定。全国希望小売価格(消費税込み)は「パサートTDI エレガンスライン」が422万9000円、「パサートTDI ハイライン」が489万9000円、「パサート ヴァリアントTDI エレガンスライン」が442万9000円、「パサート ヴァリアントTDI ハイライン」が509万9000円です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
本当にあった「なんちゃって裁量労働制」
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
4月からJR東日本の新幹線近距離区間はSuicaやPASMOで乗れるようになるって知ってた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加