【シゴトを知ろう】校務員 ~番外編~

【シゴトを知ろう】校務員 ~番外編~

  • 進路のミカタ
  • 更新日:2017/12/06

各学校で清掃や植物の管理、設備機器の修理をしている校務員。「【シゴトを知ろう】校務員 編」では、学校で働く上で何より大事なのは、生徒の学校生活をサポートすることだと鹿児島県の小学校で働くAさんに教えていただきました。学校には多くの生徒がいますが、学校全体の様子を知るためにどのような工夫をしているのでしょうか? 番外編では普段はなかなか知ることのできない校務員の仕事の裏側について教えていただきました。

児童生徒との会話を通して他の子どもの様子もチェックする

――学校全体を見渡すために工夫していることはありますか?

校務員の仕事は環境整備だけではなく、児童生徒を支えることも重要です。そのため児童生徒の様子を注意深く観察する必要があるのですが、私が働いている小学校には在校生が約1,170人もいますので、全ての児童生徒の名前を記憶するには非常に時間がかかります。

しかし、私が知らなくても児童生徒は私を知っているので声を掛けてくれます。ですのでその機会にできるだけ相手の名前を呼んで会話し、児童生徒と親しむようにしています。

――あらゆる校務に対応する仕事と聞きましたが、今までイレギュラーな業務はありましたか?

基本的な業務は清掃や植物の管理ですが、勤務する学校の規模によって業務内容は異なります。以前勤めていた小学校は学校内で給食を作っていなかったため、パン屋さんや牛乳屋さん、給食センターといったさまざまな場所から給食を取り寄せていました。その小学校の在校生は600人ほどいて、各クラスに必要なだけ給食を渡す必要がありますので、私は毎日約600人分の食品を数えて仕分ける仕事をしていました。

街中できれいに咲いている花があると見入ってしまう

――校務員ならではの「休日あるある」やついしてしまう癖を教えてください。

校務員はただ植物の管理をするだけではなく、時には児童生徒から植物について質問を受ける場合もあります。授業の一環として、学校の植物について調べていることもあるので的確に回答しなければいけません。そのため、校務員になってからは植物について調べるようになりました。以前はあまり関心はなかったのですが、街中で植物を見かけるとつい観察してしまいます。

それに、植物はただ水をやるだけではきれいに花を咲かせることはありません。伸びきった枝を切ったり、枯れた花弁を摘んだりといった細かい手入れが必要になります。そのため、公園などできれいに咲いている花を見ると「しっかり手入れがされているんだな」とつい見入ってしまいます。他にも、今までになかった色の花や新種の植物があると気になってしまいます。

学校の関係者にお礼を言われると仕事への熱意が湧く

――仕事中の一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

学校周辺の清掃をしていると買い物に行く近隣の方や散歩中の方に声を掛けられることがあります。私が清掃する時間と外出する時間が同じらしくすっかり顔見知りになりました。そういった方の中には「私はこの学校の卒業生なんだよ」という人もいて、学校は保護者だけではなく多くの地域住民に見守られているのだと感じます。最近だと久しぶりに母校に足を運んだという方もいらっしゃいました。40年ぶりに地元である鹿児島県に帰ってきて、母校の様子を見に来たようです。

学校に足を運ぶ方々は「いつもありがとうございます。とてもきれいな学校だし、花も美しく咲いていますね」と声を掛けてくれます。私にとって学校の清掃は与えられた仕事です。きれいにするのは当然だと思っているのですが、卒業生など学校を大事に思っている方々にまで喜んでいただけると、達成感がありますしやる気も湧いてきます。

学校は生徒のための場所である一方で、地域住民の方にとっても大事な場所なのですね。たくさんの方々が気にかけてくれる学校の環境を整備するためには、多くの人に仕事ぶりを観察されているという意識が必要になりそうです。校務員として児童生徒や地域住民との関わりを持ちたいと思った人は、ぜひ将来の選択肢に加えてみてくださいね。

【profile】鹿児島県 校務員

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
500円でお釣りが来ちゃう!?売り切れ必須のファーミニショルダー!!
ホームから人が転落... 居合わせた人の行動に「頭おかしい」「怖い」の声
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加