巨人坂本勇人セ30号一番乗り 遊撃では35年ぶり

巨人坂本勇人セ30号一番乗り 遊撃では35年ぶり

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/10
No image

巨人対ヤクルト 4回裏巨人1死、ソロ本塁打を放つ坂本勇(撮影・垰建太)

<巨人10-9ヤクルト>◇9日◇東京ドーム

巨人坂本勇人内野手(30)が10年以来9年ぶりの30本塁打をマークした。

▼坂本勇がセ・リーグ30号一番乗り。巨人選手のセ・リーグ最速30号は、08年ラミレス以来で、日本人選手では02年松井以来17年ぶり。また遊撃手の30号リーグ一番乗りは、84年宇野(中日)が記録して以来35年ぶり2人目。

▼坂本勇の30号は、31本塁打を打った10年以来9年ぶり。シーズン30発の最長ブランクは96年のあと07年に記録した山崎武(楽天)の11年ぶりがあるが、9年は71年のあと80年に記録した門田(南海)に並ぶ2位のブランク記録。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
和田、貫禄の投球で4勝目 8回86球で降板も「頼もしい投手が後に控えてる」
巨人中川11試合ぶり登板「抑えられてよかった」
元TBS・枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太の“誕生日祝いアピール”が痛すぎて批判殺到
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
【MLB】大谷翔平、ダブルヘッダーで3戦ぶりベンチスタート 指揮官「アップトンをDHで...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加