岩出5位GC出場失敗25キロ過ぎ「足が動かなく」

岩出5位GC出場失敗25キロ過ぎ「足が動かなく」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

さいたま国際マラソンで日本人トップとなる5位でゴールした岩出だったが、タイムは2時間31分台とふるわなかった(撮影・浅見桂子)

<陸上:さいたま国際マラソン>◇12日◇さいたまスーパーアリーナ発着

14年横浜国際で10代日本最高記録を出した岩出玲亜(22=ドーム)が、2時間31分10秒で日本人最高の5位だった。今大会は20年東京五輪マラソン代表を決めるグランドチャンピオン(GC)の出場権がかかったレースだったが、岩出は規定タイムの2時間29分00秒を切れなかった。2時間28分39秒のチェイエチ・ダニエル(ケニア)が優勝した。

25キロ過ぎ。4人の先頭集団を引っ張ってきた岩出が置いていかれた。夏に米アルバカーキで高地トレーニングを積み「心肺機能は良かった」と手応えを持って臨んでいたが、「足が動かなくなった」とずるずると後退した。規定タイムに遅れること約2分強。東京五輪への道は今回、開けなかった。

14年横浜国際、自己ベストを出した16年名古屋ともに「コースはフラット。(集団の中で)ひたすら我慢するレースだった」。この日は「そのようなレースをするつもりはない」と、スタートから5キロ17分台後半の遅めのペースに、先頭集団を引っ張った。

強風の中で積極的な展開が、最後は裏目に出た。それでも「いっさい後悔はない。タフなコースで大きな自信につながる」。来年1月、3月には海外を含め、マラソンを走る計画で「今回を次に生かしたい」と前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
天地真理郎(あまちまりお)の食べログ「東京・祐天寺」編
“中国美女モデル”ミン・シー、ランウェイで倒れる<ヴィクトリアズ・シークレット ファッションショー>
急速拡散中の映像「SWATから身を隠す方法」があまりにもギャグ展開。果たしてその真相は?
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
水原希子、日本から唯一「ヴィクトリアズ・シークレット」ショー・ピンクカーペットに参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加