CL“恐怖の一戦”の幕開け

CL“恐怖の一戦”の幕開け

  • スポルト
  • 更新日:2018/02/14
No image

バレンタインではなくハロウィンとなってしまうのか

2月15日4:45(日本時間)に欧州チャンピオンズリーグ、ラウンド16のレアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)の一戦が行われる。

何が起ころうと、この試合は犠牲者を出すことになるだろう。

この試合は両チームにとって“絶対に負けられない”一戦となる。

マドリーのキャプテンを務めるセルヒオ・ラモスは、「シーズンを賭けた戦い」と語っている。

リーグ戦ではFCバルセロナとの勝点差が17であり、コパ・デル・レイもすでに敗退しているマドリーにとっては、残されたほぼ唯一のタイトルである。

監督ジネディーヌ・ジダンの完全なる失態とクリスティアーノ・ロナウドの不調は明らかである。

そんな中、CLは低調なシーズンを救うチャンスである。

「自分の去就は関係ない」と語った監督ジダンが率いるマドリーのパフォーマンスは、今シーズンから何かが変わっている。控え組の質の低下と監督ジダンのマネジメント力への大きな疑問が浮上してきている。

BBCトリオの存在感のなさは、これまで以上に顕著に現れており、イスコとアセンシオのチームでの役割も変わりつつある。

そして、監督ジダンの顔も今シーズンはあまりフレンドリーではないとスタッフも感じとっており、メディアとの関係も同じようになっている。実際、会長フロレンティーノ・ペレスも度々介入している。

不調の原因は、控え組だけでなく、マルセロ、モドリッチ、クロース、CR7、ベンゼマにもある。

No image

[よりストライカー的な選手になりつつあるCR7]

CR7は、レアル・ソシエダ戦こそ相手の脅威になり続けたものの、今までよりもエリア内で生きる選手になってきており、マンチェスター・ユナイテッド時代のように3人の相手を抜いて、エリア外から決定的な仕事をすることはできなくなっている。試合でのその影響力を失ってきており、PSG戦は自身の能力を示す機会となる。

しかし、もし敗退が決まれば、マドリーでの将来も分からなくなる。実際に、『GQイタリア』のインタビューで「自分が20歳の時にできていたことで、今はできなくなってきていることがある」と自ら明かしている。

■ネイマールの革命
「自分の失敗に対して謝罪する。なぜなら、フットボール選手であることは多くの人のアイドルになるということであり、完璧でなければならないが、自分は度々そうではなかった。しかし、自分はまだ25歳であるため、学んでいる最中であり、これからも失敗を犯すだろう。だが、自分が変わらないといけないし、成長しなければいけないと感じている」と昨年12月に語ったネイマールは、その重圧や10代からつきまとう注目からのプレッシャーに涙を抑えることができなかった。

そして、彼の“PSG移籍”という決断はフットボール界を驚かせている。自身が1番になりたがっていたネイマールは、バルサではメッシの影にしかなれないと知っており、「さらに大きな挑戦を求める」と自身のプレゼンテーションでも語っている。今ではリーグ・アンで最も特別な選手となっているが、ピッチ外ではバルサでも問題となっていた悪い癖が改善されていない。

なお、ネイマールはリーグ戦18試合で19ゴールを決めている。CLでは、6試合で6ゴール、カップ戦では2ゴールを挙げている。しかし、PSGのファンは、ネイマールのパーソナリティーを問題視しており、カバーニにPKを蹴らせなかったことに対して非難している。また、パリでのキャリアは短いものになり、マドリー行きが濃厚だと多くの人が予想しており、同胞のマルセロは「間違いなくマドリーに来ればフィットするだろう」と述べている。

No image

[PSGで輝きを放つネイマール]

PSGの10番であるネイマールは、メッシがバルサで持つ自由を同じように手にしている。しかし、ネイマールはただ自分が好きなようにプレーしており、自身が相手よりもはるかに上回ることを理解しており、エリアから遠い場所でフェイントやトリックを駆使して楽しんでいる。

彼のプレーはチームのオートマチズムに貢献していないが、個人技で相手の不均衡をPSGのために作り出している。

「自分はマドリー戦を前にこれ以上慎重になれない。我々はこのような試合のために準備をしている」と数週間前に語っており、ヨーロッパの舞台で大きな成功をPSGにもたらすために加入したネイマールにとって、これは当然のことである。

敗退となれば、PSGにとっては予期せぬ事態であり、監督ウナイ・エメリの解任の大きな原因になるだろう。そして、昨夏の移籍マーケットにおいて2億ユーロ(約289億円)以上で加入したネイマールの存在も大いに物議を醸すことになるのは間違いない。

なお、サンティアゴ・ベルナベウで行われる初戦では、マドリーのナチョがネイマールを止める役割を担うことになるだろう。そして、両チームにとっては、今シーズンを賭けた重要な戦いとなるのは必至である。

■関連記事:CL プレミア快進撃続くか

■関連記事:コウチ スポルト独占取材

■関連記事:マルセロ PSG戦前心境語る

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
NBAスター選手が決死の暴露「スポーツは大衆支配のためのツール」! 米国の絶対タブー、社会を操る“闇のシステム”の全貌とは!?
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
羽生結弦のモノマネが得意!?小平奈緒の意外な一面
小平奈緒を救った 相沢病院の“無償支援” 無名の頃から支え続ける理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加