ZenFone 4は早くも来週国内発売! 日本版の実機を高速レポ

ZenFone 4は早くも来週国内発売! 日本版の実機を高速レポ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/15

デュアルカメラが標準のZenFone 4シリーズが早くも国内発売

ASUS JAPANは、SIMフリースマホ「ZenFone 4」の国内リリースを発表した。まず日本で発売されるのは「ZenFone 4」に加えて、上位モデル「ZenFone 4 Pro」、セルフィー強化モデル「ZenFone 4 Selfie Pro」の3製品。このうち、ZenFone 4とZenFone 4 Selfie Proについては、早くも来週23日の発売! 最上位機のZenFone 4 Proは少し遅れて10月下旬以降となる。

No image

ZenFone 4国内版の実機が編集部に到着

「WE LOVE PHOTO」のコンセプトからもわかるように、ZenFone 4シリーズの最大の売りはカメラ! ZenFone 4とZenFone 4 Proはリアカメラ、ZenFone 4 Selfie Proはフロントカメラがデュアルになっている。詳しいスペックは下の表を見てもらうとして、今回ZenFone 4の国内版の実機を一足早くお借りできたので、簡単にレポートしていこう。

No image

さらにパワーアップし、ほぼハイエンド級の性能を持つZenFone 4

日本に来た無印のZenFone 4は、6GBメモリー搭載など ハイエンドクラスに近い性能を持つバージョン

海外では、無印ZenFone 4の中にもスペックが異なる複数モデルがあるが、高性能志向の日本のユーザーに合わせてか、今回国内でリリースされるのはSnapdragon 660+6GBメモリー+64GBストレージという最強スペックのモデルとなる。CPUの型番的にはミドルクラス? というイメージも持ちそうだが、Snapdrgaon 660は、クアルコムオリジナルの「Kyro 260」コアを8基搭載(2.2GHz動作)。Antutuのスコアも10万点超えということで、ハイエンドに近い性能と言える。というわけで、税抜5万6800円の予想実売価格は納得が行く範囲だろう。

No image

カラバリはミッドナイトブラックとムーンライトホワイトの2色。背面はガラス素材でゴリラガラス3を採用する(前面もゴリラガラス3)

ディスプレーは5.5型(ZenFone 4、ZenFone 4 Selfie Proの同じ)。フルHD解像度のSuper IPS+液晶を採用している。バッテリー容量は3300mAhで、OSはAndroid 7.1.1。

さて注目のカメラは、ZenFone 4ではリアのメインカメラが標準の12メガ+広角120度の8メガの組み合わせになる。このうち前者はソニー製の大型センサー(IMX362)でF値は1.8。設定を細かく変更できる「Proモード」に加え、「ポートレートモード」など、カメラ重視のスマホでは比較的おなじみの機能も搭載している。

No image

標準+広角のデュアルカメラ。出っ張りはまったくない

No image

撮影設定がカスタマイズできる「Proモード」が利用可能

ネットワーク面では、もちろんデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応。片方のSIMとmicroSDが排他仕様は残念だが、au VoLTEのサポートに加え、3波のキャリアアグリゲーションに対応するなど、こちらもフラグシップ級と言える内容となっている。

No image
No image

nanoSIM×2でDSDS対応。残念ながらmicroSDとは排他の仕様。ドコモSIMとau MVNOのSIMの2枚をあっさりと認識

デザインでは、両面ガラス素材を採用しており、背面は光の当たり方で同心円がハッキリと見えるZenシリーズならではの特徴を本機も持っている(ちなみにZenFone 4 Proはこの同心円模様はない)。前面背面の2.5Dガラスから側面のメタルフレームは滑らかに繋がっており、美しいという印象だ。また、リアのデュアルカメラ部が出っ張りがまったくないのもうれしい点。

No image

同心円の模様はかなりハッキリと見える

No image

メタルフレームの側面は滑らかで手のひらにもなじみやすい

なお実際の使い勝手という部分では、最新バージョンのZenUI 4.0が採用されている。便利なのは「ツインアプリ」機能で、本来1つのアカウントしか対応していないSNS系アプリで、アプリを本体内でコピーして2つのアカウントで利用できるというものだ。

No image
No image

SNSアプリを2つ動作させられる「ツインアプリ」

No image

オプションでフリップカバーが用意される。予想実売価格は税抜3980円

Snapdragon 835にソニー製のトリプルカメラと 文句なしのフラグシップ機「ZenFone 4 Pro」

同時に国内発表されたZenFone 4 ProとZenFone 4 Selfie Proについても、スペックを中心に簡単に紹介しておこう。ZenFone 4 Proは性能的にもZenFone 4を大きく上回る最上位モデル。そのぶん予想実売価格は税抜8万9800円と、お値段も上位クラスだ。カラバリはピュアブラック、ムーンライトホワイトの2色。

No image

Snapdragon 835搭載の上位モデル「ZenFone 4 Pro」

ディスプレーは5.5型有機EL(解像度はフルHD)で、CPUはSnapdragon 835 2.45GHz(オクタコア)、6GBメモリー、128GBストレージ、3600mAhバッテリー、Android 7.1.1など。

リアのメインカメラは標準+広角だったZenFone 4に対して、こちらは標準+ズームの組み合わせに。標準カメラは25mm相当で12メガの大型センサー(F値1.7)、ズームは50mm相当で16メガ。フロントの8メガカメラも含めて、すべてソニー製センサーを用いている。

No image

同心円の模様はなく、シンプルな背面。カメラ部は出張っている

セルフィーに強いデュアルインカメラ 薄型軽量ボディーにも注目! 「ZenFone 4 Selfie Pro」

一方のZenFone 4 Selfie Proは、セルフィー重視のミドルクラス。当然ながらフロントのインカメラに力が入れられており、こちらにソニー製の12メガセンサーを搭載。広角の8メガセンサーとのデュアルカメラになっている。12メガセンサーのF値は1.8で、室内などでも自分の顔を鮮明に写すことができる。もちろん広角ではグループセルフィーに役立つ。さらにインカメラでの4K動画の撮影にも対応する。

No image

セルフィー重視のミドルモデル「ZenFOne 4 Selfie Pro」

主なスペックはフルHD解像度の5.5型有機EL、オクタコアのSnapdragon 625(2GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、3000mAhバッテリー、Android 7.1.1など。au VoLTEや2波のキャリアアグリゲーションにも対応する。5.5型と大型スマホなのは確かだが、厚さ6.85mmに147gという薄型軽量な筐体も紹介しておきたいポイントだ。

No image

インカメラが標準+広角のデュアルになっている

予想実売価格は税抜4万2800円。カラバリはネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールドの3色。

No image

ZenFone 4/ZenFone 4 Proと異なり、背面はメタル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソニーやパナソニックが「スマートスピーカー」の開発に注力する理由
サンワサプライ、機内持ち込み可能サイズで耐水加工の「ビジネスキャリー」2タイプ
パナソニックが左右360度、上下約90度を見渡せる屋内スイングカメラを発売
いざという時に使えないAEDをなくせ!人の命をIoTで救う努力が始まった
もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加