マクレガー メイウェザー戦後もボクサー活動続行 格闘家との“二刀流”

マクレガー メイウェザー戦後もボクサー活動続行 格闘家との“二刀流”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

米国のボクシングサイト「ボクシングシーン・ドットコム」は12日、総合格闘技UFCのライト級王者コナー・マクレガー(29)がフロイド・メイウェザーとのボクシングマッチ後もボクサーとしての活動を続ける意思があると伝えた。

No image

サンドバッグを叩くマクレガー (AP)

マクレガーは8月26日(日本時間27日)にメイウェザーとのスーパーウエルター級12回戦を予定。この試合でばく大なファイトマネーを稼ぎ、そのままキャリアを終える選択肢もあるが、本人は戦うことに意欲的。同サイトには次のようなコメントが掲載されている。

「ボクシングというスポーツを愛している。自分の人生にとって、ボクシングはかけがえのないものだ。これからもボクシングを続けるし、格闘技も同様に続けるつもりさ。戦うことが好きなんだよ。俺の鉄拳でボクシングと格闘技、両方とも支配してやるよ」。

このようにマクレガーはボクサーとしてだけではなく、格闘家としても活動を続ける考えを表明。実現すれば“二刀流”ファイターとなるが、まずは目の前のメイウェザー戦でボクサーとしてどの程度のレベルにあるかが注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
亀海“ファイティング原田戦法”でコット倒す 国内練習打ち上げ
ウルティモが30周年大会で“トランプ支持者”アドニスを退治
亀海が実戦練習打ち上げ 「全てやった」と胸張る
ウルティモ・ドラゴン30周年「ありがとう」観客に感謝伝える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加