“ほぼすっぴん”の石原さとみ、新境地を脚本家・プロデューサー絶賛「存在のイメージが変わった」<アンナチュラル>

“ほぼすっぴん”の石原さとみ、新境地を脚本家・プロデューサー絶賛「存在のイメージが変わった」<アンナチュラル>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/02/15

【アンナチュラル/モデルプレス=2月15日】女優の石原さとみが主演を務めるTBS系ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜よる10時~)。脚本は、大ブームを巻き起こしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子氏。制作には、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子氏など、今ノリに乗っている女性スタッフたちが揃い、1話完結の法医学ミステリーを展開する。今回、脚本の野木氏と新井プロデューサーが、取材会に出席し、ドラマ制作の裏側、視聴者からの反響、さらには今後の展開について語った。<1>

No image

(写真 : 市川実日子、石原さとみ/「アンナチュラル」第6話より(C)TBS)

【このほかの画像】「ほぼすっぴん」でも可愛い!石原さとみをもっと見る

◆視聴率も好調 ドラマ『アンナチュラル』

ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。石原演じる法医解剖医・三澄ミコトらが、そこに運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体と向き合い、死因を究明していく。

石原のほか、法医解剖医・中堂系を演じる井浦新、記録員・久部六郎を演じる窪田正孝ら豪華キャスト陣が繰り広げるリアリティのある会話劇、見応えのある展開が好評を得ている。

◆「ほぼすっぴん」の石原さとみ、新境地開拓で「存在のイメージが変わった」

石原演じるミコトは、野木氏の当て書き。撮影スケジュールの関係により、脚本は「1話の完パケを見れないまま最終話まで書いている」という野木氏だが、「実際に見たら、演者さんも演出も上手いので思った以上」と手応えを語る。

さらに、石原については「信念があるけど、ちょっとした危うさも同居していて面白いなと思って見てます。キャラ設定の段階で、今までにない石原さとみを目指していた。想像以上に自然に演じてくださっていて毎話、毎話すごいなと思っています」とべた褒め。

また、新井プロデューサーも「ほとんどすっぴんで、色気が出ないようにしたいと言ってたけどどこか色気がある。ナチュラリーな雰囲気やふとした時の言い回しが上手い」といい、「会うまではキラキラした笑顔が印象的な女性らしいイメージだったんですけど、会うとサバサバしたかっこいい感じの方で、『ミコトはあんな感じでいいんじゃないかな』と。今となってはしっくりくる。私の中では石原さとみという存在のイメージが変わったんじゃないかなと思います」と新境地を開拓した彼女を絶賛した。

◆『アンナチュラル』第6話「友達じゃない」

16日放送の第6話では、UDIラボの一員・東海林(市川実日子)が殺人事件の容疑をかけられる。

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ますと、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)の死体が隣に。権田原には、中堂と六郎が解剖した突然死の男性と意外なつながりがあり…。ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
99.9、アキラ100%の“お盆芸”に「めちゃくちゃ笑った!」
芳根京子主演『海月姫』第2章突入、蔵之介の不意打ちキスに月海困惑
瀬戸康史も太鼓判!?インスタ映え間違いなし「サプライズスイーツ」とは?
360度まる見えの「アイドル水泳大会」VRでどの角度からも楽しめる
“フジの元人気ナンバー2”生野陽子アナ “不倫騒動”秋元優里アナのとばっちりでBS落ち!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加