最新ランキングをチェックしよう
日立---売り優勢、ゴールドマンでは投資判断を格下げ

日立---売り優勢、ゴールドマンでは投資判断を格下げ

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20

株式会社フィスコ
日立<6501>は売り優勢。ゴールドマン・サックス証券では、投資判断を「買い」から「中立」に格下げしている。目標株価は530円を据え置いているもよう。現在進行中の事業ポートフォリオの見直しは評価も、コングロマリットディスカウントはなくならないと考え、カバレッジ内の選好順位を見直したようだ。足元では、事業の選択と集中策に対して評価が高まっていたことから、利食い売りにつながる格好へ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「モンキー」、生産終了=50年の歴史に幕-ホンダ
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性...崩れる「国有地払い下げ」説
シャープ新社長・鴻海出身の載正呉氏が「最初にしたこと」
重さわずか2.7キロの自転車フレーム、CAMARDの「LZR」...秘密は“フィン”
台湾メーカー開発「エヴァ初号機」スクーターが日本上陸! 反響次第で正式販売へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加