最新ランキングをチェックしよう
日立---売り優勢、ゴールドマンでは投資判断を格下げ

日立---売り優勢、ゴールドマンでは投資判断を格下げ

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20

株式会社フィスコ
日立<6501>は売り優勢。ゴールドマン・サックス証券では、投資判断を「買い」から「中立」に格下げしている。目標株価は530円を据え置いているもよう。現在進行中の事業ポートフォリオの見直しは評価も、コングロマリットディスカウントはなくならないと考え、カバレッジ内の選好順位を見直したようだ。足元では、事業の選択と集中策に対して評価が高まっていたことから、利食い売りにつながる格好へ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「化け物」ゾゾタウン、「とにかく買わせる」仕掛けの秘密...有名ブランドも大挙して出店
「人手不足倒産」が日本を襲い始めた...「求人難倒産」、前年比2倍のペース
「世界のSEIKO」失われた輝き...東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争
銀行が教えてくれない「住宅ローン125%ルール」の危険な落とし穴
スノーピークの株価が「山の日」を前に急落した理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加