最新ランキングをチェックしよう
誰だって、自分を「演じている」。ニューヨークを舞台に描かれる“超自意識過剰青年”の顛末とは?

誰だって、自分を「演じている」。ニューヨークを舞台に描かれる“超自意識過剰青年”の顛末とは?

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/04/17

『舞台』(西加奈子/講談社)
「誰もが皆、この世界という舞台で、それぞれの役割を演じている」。
『舞台』(西加奈子/講談社)は、自意識過剰でめんどくさい青年が、ニューヨークでの「事件」をきっかけに「世界の見方」を変える、笑えて切ない成長物語である。
 29歳の葉太は、父親の遺産でニューヨークへ一人旅の最中。しかし、自分が「どう見られているか」が気になり過ぎて、全く旅行を楽しめない。「5番街ではしゃ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
指原莉乃の“アイドル卒業”理由に「なめるな」「図々しい」と厳しい声
ドラゴンボールのキャラクターを侍にした、スペイン人アーティストのイラストが素敵
「ももち」嗣永桃子さんの現在の様子に驚きの声 「何も変わってない」
ジャニーズ、退所者に「異例中の異例」対応――現役Jr.との“共演”にファン激震
エッチな単語に見えてしまう言葉ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加