「切り紙」着想の次世代聴覚インプラントをEPFLが開発。柔らかさで患部にフィット

  • Engadget
  • 更新日:2019/10/21

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者が、内耳損傷による聴覚の問題に対処できる可能性を持つ電極インプラントを開発しました。これまでの聴性脳幹インプラント(Auditory brainstem implant : ABI)はかたく、うまく脳幹の聴覚信号を伝える部分にフィットしなかったところを、EPFLが開発したものは高い弾力性によって密着できるようになっているとのこと。EPFL ソフトバ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加