阪神・球児、フリー打撃初登板で“火の玉”披露!盟友・松坂の挑戦状に燃えた

阪神・球児、フリー打撃初登板で“火の玉”披露!盟友・松坂の挑戦状に燃えた

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)盟友からの挑戦状に“火の玉”で応える-。阪神・藤川球児投手(37)が13日、今キャンプ初めてフリー打撃に登板し、順調な仕上がりを披露した。14球を投げ、伸びのある速球で安打性の当たりは2本。同学年の中日・松坂大輔投手(37)から熱望された対戦についても、オール直球勝負を約束した。

わかっていても、打てないストレート-。あの代名詞がよみがえる。今キャンプ初のフリー打撃登板。藤川がギアを上げた。最高気温14度。南国の照りつける太陽よりも熱い“火の玉”を投げ込んだ。

「よかったと思います。変化球は打者も(事前に捕手から伝えられるので)球種がわかっているから、あまり投げてもね。それに直球の感じがよかったので」

マウンドに立ったのは4分間。5年目・陽川相手に14球投じた。ただ、その1球1球の中身が濃い。捕手から打者に球種が伝達されるため、変化球は感触を確認するためにカーブ1球、フォーク2球を試しただけ。あとは真っすぐだ。安打性の打球は2本。力で押し込み、ことごとくファウルを奪った。今季から2段モーションが緩和されることもあり、左足を上げた際にしっかりと軸足にタメを作るフォームで右腕を振った。

“火の玉”が燃えさかる理由に、中日入りした同期の存在は無関係じゃない。夢対決-。先日、サンケイスポーツのインタビューで中日・松坂が今季目標のひとつに「球児の球をもう一度見たい。ヒットを打てたら最高」と掲げていることを知り、真っ向勝負を誓った。

「自分も対戦しそうな気がして。そのときは全球、直球勝負をしたい。本塁打を打たれそうだけどね」

唯一の対戦は2005年の5月18日の交流戦。甲子園で西武時代の“怪物”と相まみえ、遊ゴロに打ち取っていた。あれから、12年以上の月日が流れた。互いに右肘の手術を経験し、酸いも甘いも味わった。ときに自主トレを共にし、エールを送り合ってきた。今キャンプ中にも食事に行き、今後も会う約束をしている。「もう、同志が少なくなったから。特に同じ右投げのね」。松坂世代の主役が再起を図る姿は大きなモチベーションになっている。

打撃ケージ裏で球児の投球を見守った金本監督は「キレというか伸びが相変わらず、ある。ちょっと球が重くなったようにも見えた」と絶賛。香田投手コーチも「本来の姿に戻りつつある。(2段モーションだった)2005年に戻すというのもあるかもしれないけど、いまの年齢にあったものをやっていると思う。勝ちパターンに入ってくるような意気込みを感じる」とうなった。

昨季はビハインドの展開など、縁の下の力持ちとして52試合に投げ、3勝6ホールド、防御率2・22と健在をアピール。今年は調整を意図的に早め、余裕を持って日々を過ごしている。だが「順調に来ている?」という問いかけには「いまからですね」と気を引き締めた。発奮材料は事欠かない。その目はさらなる高みを見据えている。 (小松真也)

藤川の投球を受けた阪神・坂本「いいボールがきていました。打者が立つと(ブルペンとは)全然ボールが違う。打者が真っすぐとわかっていても差し込まれていました」

藤川について巨人・森中スコアラー「真っすぐがいいね。(昨年は)負け試合でも彼が出てきて、ひっくり返る試合があった。あれくらいの投手が、あういう役目をしているのは大きい。しっかり練習もしてきている」

★松坂インタビューVTR

12日付のサンスポ「主役インタビュー THE MAN」に登場した中日・松坂は「甲子園の打席で球児の球をもう一度見たい。2005年の交流戦で『これが火の玉と呼ばれる直球なんだ』と感動した」と目標を語った。「球児がマウンドに出てくるのは七回前後。つまり先発しても長いイニングを投げられないと彼とは対戦できない」。同世代で親交もあり「彼もけがをして大変な思いをしている。昨年、投げている姿を見て、うらやましいなと。自分も同じ場所で投げたい、という思いが強くなった」と話した。

藤川、阪神復帰後の打者相手の初投げ

★2016年 先発として早めの調整。フリー打撃登板などを挟まず、2月14日の紅白戦(宜野座)で初の実戦マウンドへ。2回1安打無失点、最速147キロをマークした

★17年 中継ぎとして調整し、2月17日にフリー打撃に初登板。D1位の大山、5位の糸原に対し、計33球を投げ、安打性は5だった

No image

フリー打撃に登板した藤川。松坂の挑戦に応えるとばかり、力強い速球を投げ込んだ(撮影・森本幸一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
メダリストになった高木美帆...8年前、札幌Dで笑った少女が遂げた変貌
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
2月21日(水)【 神々の子育て占い 】
【MLB】米復帰の元Gマイコラス、日本での“カルチャーショック”語る「ファンが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加