一度は泊まってみたいクールな海外のカプセルホテル5選

一度は泊まってみたいクールな海外のカプセルホテル5選

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12

建築家の黒川紀章が設計した、日本初のカプセルホテルが大阪にできたのは1979年。以来、カプセルホテルは日本の大都市圏で続々と建てられ、今では女性専用の施設まで出るほどポピュラーなものとなっている。

日本人にはさほど抵抗感のないカプセルホテルは、長い間海外の人たちには受け入れられてこなかった。「まるで死体安置所みたいだ」というのが、彼らの共通認識であったのである。

潮目が変わったのは、ほんの5~6年前。訪日外国人が増加するなか、節約志向の若いバックパッカーたちがリーズナブルなカプセルホテルを使い始め、帰国してからSNSでその経験を拡散し始めるようになって、認識が変わり始めた。Tripadvisorのような大手口コミサイトには、カプセルホテル体験者のレビューが何百と綴られているが、集約すると「なかなかクールで快適」という好意的な意見が主である。

イギリス人トラベルライターのベッキー・エンライトは、京都の旅館に泊まった翌日に、ものは試しとカプセルホテルに泊まったときの印象を、「ぱっと見では素っ気なさと威圧感がありましたが、ミステリアスで未来的な感じに惹かれました。自分の部屋には、宇宙船の与圧室のようなプラスチックの扉がついていました。内部も宇宙時代的な最新式の設備があると思っていましたが、そうではなかったのは意外でした」と話す。彼女にかぎらず、カプセルホテルを「ハイテクニッポンを象徴する近未来SF的な施設。訪日したら1回は記念に泊まるべし」と表現する外国人は非常に多い。われわれ日本人の観念とずいぶん違っているが、ともかく「死体安置所」と揶揄する人はもうほとんどいない。

カプセルホテルに関するもう1つのトレンドは、海外のホテル業者が自国にカプセルホテルを建て始めたことである。2011年に西安で、中国初のカプセルホテルが建てられたのが割と大きなニュースになったが、ここ2~3年の間でも世界各地のローカルメディアが「我が国初のカプセルホテル」というヘッドラインのニュースを報じている。

今回は、続々とオープンしている海外カプセルホテルの中から、筆者がチョイスした5つのカプセルホテルを紹介したい。

M Boutique Hostel(Mブティック・ホステル)

バリ島のスミニャック地区に最近できたカプセルホテル。「なにも南国リゾート地にカプセルホテルなんて…」と思わないでもないが、リピーターや長期滞在者の予約でいつも埋まっているという。ビーチからやや遠いのが難だが、プールを併設しており、また飲食店街や寺院のような観光スポットに比較的近い。1人1泊125,000ルピア(約1,000円)と、バリ島の高級ホテルに比べれば信じられないほど安い。

No image
No image

Hey Bear Capsule Hotel(ヘイベア・カプセルホテル)

深海潜水艇の内部を連想させるモダンなゲストルームが魅力的な、今のところ台北市で唯一のカプセルホテル。地下鉄台北橋駅のそばにあって、台北中心街へのアクセスも便利で、観光客にも出張族にも大きな支持を得ている。しばしばディスカウントレートで泊まれ、その場合は600台湾ドル程度(約2,000円)と、お買い得感が大きい。

No image
No image

DARAKHYU(タラク休)

『タラク休(ヒュー)』は、2017年1月20日に仁川国際空港施設内にオープンしたばかりの、韓国初のカプセルホテル。基本的に乗換客の1日未満の宿泊を想定している。現地メディアは「カプセルホテル」と呼んでいるが、日本人から見ればコンパクトにしたビジネスホテルに近い。客室は、シングル、ダブル、シャワーなし、シャワーありの組み合わせから選べる。20時から翌朝6時までのオーバーナイトステイで1人55,000ウォン(約5,500円)と割高感はあるが、空港内という立地条件を考えれば妥当か。

No image
No image

CAPSULE(カプセル)

マレーシアのクアラルンプール国際空港ターミナルにある『カプセル』は、その名のとおり日本のカプセルホテルをリスペクトした基本設計となっているが、実際は2段に積んだ貨物コンテナを流用しているのが意表をつく。ホテルの運営者によると、カプセルホテルよりもむしろ日本の「キョーショージュータク」(狭小住宅)のコンセプトを採り入れたとのこと。彼らの考えでは、狭小住宅とは、限られた空間を駆使して快適な生活を実現した日本的な様式美であるという。これに再利用・リサイクル重視のコンセプトを加え、中古貨物コンテナを部屋に使うことで、彼らの考える日本的空間を再現している。宿泊費は1人1泊(12時間)で110リンギット(約2,800円)。

No image
No image

CityHub(シティハブ)

デジタルネイティブ世代の旅行者を念頭に設計された『シティハブ』は、アムステルダム市の倉庫街に2015年オープンした。カプセルホテルの「これから」を先取りした先進的な雰囲気がウリで、カフェやワークスペースが組み込まれた広いラウンジが併設されている。1人1泊が約60~100ユーロと、この種のホテルとしては、かなり高価格帯なのがネック。

No image
No image

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
8万円以上する「水沢ダウン」買ってよかった
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加