野村克也氏、侍ジャパンのキーマン2選手を絶賛「監督は助かる」「選球がいい」

野村克也氏、侍ジャパンのキーマン2選手を絶賛「監督は助かる」「選球がいい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/11

野球評論家の野村克也氏(84)が9日深夜放送のTBSスポーツ情報番組「S☆1」(土曜深夜0・00)にVTR出演。1次ラウンドを3勝0敗で終え、スーパーラウンドに駒を進めた侍ジャパンについて言及した。

No image

侍ジャパンで活躍する菊池涼

攻守で活躍した選手に挙げたのは菊池涼介内野手(30=広島)。1次ラウンドでも何度も二塁手として美守を披露。野村氏は「誰が見ても上手いって感じ。こういう選手がいると監督は助かる」とコメント。5日のベネズエラ戦では同点打を放ち、チームバッティングで貢献。「チーム優先、勝利優先で臨んでいるのは一番ありがたいこと」と称えた。

最も評価が高かったのが3戦連続3番に座った日本ハムの近藤健介外野手(26)。主軸ながらベネズエラ戦では4個の四球を選び出塁。「打ちたいと思うけど、内容のある四球」。3番ながら脇役に徹した姿に「これだけのボールを選球するのはいいよね。こういう良い脇役を選ぶのも日本代表メンバー構成のコツだよね」と評価した。

愛のある“ボヤキ”は小林誠司捕手(30=巨人)に。初戦のベネズエラ戦で初回、安打となった先頭打者への初球ストレートと続く2番打者への初球ストレートの配球。そして2―2の同点で迎えた6回無死一、二塁のピンチの場面でも初球ストレートの配球に「みんな初球を打たれている」と野村氏。「外国人選手は、初球はストレートだと何でも食らいついてくる。外国人選手は超、超、超積極的だから。(外国人選手への初球は)1球目から2ストライクに追い込んだつもりで配球しないと」と指摘した。

“教え子”の稲葉監督には「稲葉監督がプロへ入るきっかけをつくったのは俺だから。代表監督をやるなんて想像もしなかったけど、世界一を目指して頑張ってもらいたい」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【プレミア12】侍J、2日連続で韓国戦へ プロ参加後は7勝10敗、日韓戦の死闘を振り返る
韓国、逆転勝ちで五輪切符 野球プレミア12
ミスタークロ“冠”や!阪神・片山、驚異の身体能力で“独走”猛アピール
異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」
松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加