Galaxyが専用コントローラーを同梱したヘッドマウントディスプレイを発売

Galaxyが専用コントローラーを同梱したヘッドマウントディスプレイを発売

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/12

Galaxyは最新スマートフォン『Galaxy Note8』にも対応し、専用のコントローラーを同梱してバーチャルリアリティ(VR)体験を楽しめる、最新のゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ『Galaxy Gear VR with Controller』を、KDDI、沖縄セルラー電話向けに納入。10月26日より、auオンラインショップおよび、KDDI・沖縄セルラーの直営店限定で販売を開始する。

No image

GalaxyはこれまでVR(バーチャルリアリティ)分野のパイオニアとして、2014年12月(日本国内では2015年5月)に『Gear VR Innovator Edition for S6』を発売。2015年12月には、同社初となるコンシューマー向け製品を発売するなど、常に先駆的なデバイスで市場開拓に取り組んできた。

同社製品は、スマートフォンを装着するだけで手軽に高精彩なVR体験ができ、コードレス・ポータブルに没入感の高い360度コンテンツを楽しめることから、さまざまな分野で活用されている。片手に持って操作することができる、好評のワイヤレスコントローラーを今回も同梱し、対応するアプリやゲームで、仮想空間上の物体をドラッグして掴む、狙いをつけて撃つ、といったさらなる直感的な操作を実現。

さらに、今回より右サイドに配置していたボリュームキーをなくし、よりシンプルで洗練されたデザインへと進化を遂げた。人間工学に基づいた快適な着け心地と、視野角101度の広い視野と高度な補正技術、正確なヘッドトラッキングによる360度映像表現で、酔いを最小限に抑えながら、まるでそこにいるかのようなVR体験に、コントローラーの快適な操作性が加え、さらに没入感の高いものへとユーザー体験へ拡張させていく。

No image

本体側面のタッチパッドに加え、専用コントローラーでのリモートコントロールが可能。コントローラーは、円形のタッチパッド、ホームボタンと「戻る」ボタン、トリガーボタン、音量ボタンを備え、さまざまなモーション入力により、腕を頻繁に上げる必要なく操作が可能だ。コントローラーはカーブしたデザインで高いグリップ感を実現し、長時間使用、高頻度使用でも快適なVR体験を保証する。なお、バッテリー寿命が長く、長時間操作しても疲れない専用コントローラーは、単体でも購入が可能だ。

「Gear VR」を共同開発したOculusの360度コンテンツプラットフォーム「Oculus Store」を通じて、ゲーム、映画、スポーツ、ライブ映像など、1000以上(2017年10月時点)もの360度コンテンツの中から簡単にダウンロードし、臨場感あふれるVR体験を楽しむことができる。
また、国内でのスタート以来好評の、海外で大人気のドラマ、アニメ、音楽ライブなど1万以上のハイクオリティ360度コンテンツを楽しめるVRサービス「SAMSUNG VR」もこれまでの製品同様に視聴できる。

本体サイズは約幅207.8×長さ98.6×高さ122.5mm、約345g。搭載センサーは加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー。対応デバイスはGalaxy Note8、Galaxy S8、Galaxy S8+、GalaxyS7 edge、Galaxy S6、Galaxy S6 edge。
※「Galaxy Gear VR with Controller」には対応スマートフォンが必要であり、単体では動作しません。

関連情報

http://www.galaxymobile.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
Amazonプライム会員の知られざるお得技3
ドコモ&ZTE、2画面スマホ「M Z-01K」発表 「これは変態w」「Appleもビックリ」
「オーケー・グルグル」でも大丈夫、Google Homeは子どもたちに大ウケ
【GEPR】蓄電池に「ムーアの法則」はない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加