友達からのイジメとレイプで自殺未遂の12歳の少年、PSGが支援へ

友達からのイジメとレイプで自殺未遂の12歳の少年、PSGが支援へ

  • Qoly
  • 更新日:2019/07/14

フランスで12歳の少年がクラスメイトたちからイジメや性的虐待を受けて自殺を図ったというニュースが物議を醸しているようだ。『Le Parisien』が伝えている。

指やペン、リレーバトンを肛門に挿入されたほか、レイプ被害にも遭っていたという。ショーツに穴が開くほど深い傷を負ってひどく出血した翌日、彼は自ら命を断とうとしたそう。

事件には4人の生徒が関わっていたようだが、あまりにも酷い内容だけに、

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加