浅野忠信「とってもうれしい」三船敏郎賞を受賞

浅野忠信「とってもうれしい」三船敏郎賞を受賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

今年の三船敏郎賞を受賞した浅野忠信(左から4人目)

今年で4回目となる「京都国際映画祭」が12日、開幕し、西本願寺で行われたオープニングセレモニーで、今年の三船敏郎賞は俳優浅野忠信(43)に決まり、発表された。

俳優として世界的に知られた三船敏郎さんにちなみ「日本を代表する俳優」に贈られるもので、浅野は今年、「幼な子われらに生まれ」で、追い詰められた後に再起する父親役を熱演。それも高く評価された。

受賞に臨んだ浅野は「大先輩の三船敏郎さんの名前がついた賞をいただけて、とってもうれしいです。光栄です」とあいさつした。

浅野は三船さんにあこがれ、これまで「お会いしたことはない」と言いながら「何度か(心の中で)尋ねたことはあります」と吐露。役者としての壁にぶつかったとき、自問自答であこがれの大先輩に問い掛けてきたという。「勝手に『どうしたらいいですか』と聞いて、勝手に三船さんなら…と答えを出してきた。そのおかげで役者としてここまでこられた」と感慨深げだった。

また、映画界への功績をたたえて贈られる「牧野省三賞」は、故新藤兼人監督の次男で、近代映画協会代表取締役の新藤次郎氏が受賞した。

今年の映画祭アンバサダーに就いた岩下志麻(76)も臨席。京都では映画撮影などで長く滞在経験があり「京都は第2の故郷で大好き、京都の(撮影所)スタッフはプロ。すばらしい人たちの集まりでした」となつかしんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菅田将暉、役作りで「12kg増量」にネットでツッコミ多数
新潟4区で金子恵美氏(自民・前)が落選
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
嵐の二宮「Jr.時代はウーロン茶禁止だった」
山崎賢人また失言、大阪なのに...「551のカレー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加