元日本代表DF市川大祐氏と大島秀夫氏に功労選手賞

元日本代表DF市川大祐氏と大島秀夫氏に功労選手賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

市川大祐氏(左)と大島秀夫氏

<Jリーグアウォーズ>◇5日◇横浜市

功労選手賞は、J1清水エスパルスなどで活躍し、16年に引退した元日本代表DF市川大祐氏(37)と、横浜F・マリノスなどで活躍し、16年にギラヴァンツ北九州で引退したFW大島秀夫氏(37)が受賞した。

市川氏は、清水の下部組織に在籍した97年12月14日の天皇杯2回戦・福島FC戦で後半40分に出場(3-0勝利)。当時は清水工業高(現静岡県立科学技術高)2年だった。翌98年3月21日のJリーグ開幕戦・コンサドーレ札幌戦で先発した(4-1勝利)。11年にヴァンフォーレ甲府、12年にJ2水戸ホーリーホックに移籍し、13年には当時JFLの藤枝MYFCに移籍。同クラブがJ3に昇格した14年が、Jリーグでの最後のシーズンとなった。その後、15年に四国リーグのFC今治、16年にはJFLのヴァンラーレ八戸でプレーし、引退。総出場試合数511試合(基準は500試合)、リーグ戦、リーグ杯、天皇杯の出場試合数475試合(基準は400試合)と、いずれも基準を満たしている。現在は清水の普及部スタッフを務めている。

大島氏は98年に横浜フリューゲルスに入団。翌99年に京都サンガ、01年にJ2モンテディオ山形と渡り歩き、山形での活躍で注目されて翌05年にJ1横浜F・マリノスに移籍。09年にアルビレックス新潟、11年にJ2ジェフユナイテッド千葉、12年にはJ1コンサドーレ札幌に移籍。翌13年に加入したJ2ギラヴァンツ北九州で、16年に現役を引退した。総出場試合数は581試合、リーグ戦、リーグ杯、天皇杯の出場試合数573試合と、いずれも基準を満たしている。高い打点のヘッドとゴール前の嗅覚に秀で、全盛期はJリーグを代表するストライカーの1人だった。現在は横浜のジュニアユース追浜アシスタントコーチを務めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【クラブW杯】浦和はなぜあっけなく敗れたのか? ACL決勝後から抱えていた矛盾
アジア王者浦和、UAEで開催国以上の人気 大会スタッフが証言「浦和と鹿島は有名」
[プレミアリーグEAST]U-23、トップチームと両立。年間通して力積み上げてきたFC東京U-18が初優勝!
[プレミアリーグWEST]ともに目標達成できず...勝者・広島ユースは得失点差で2位、神戸弘陵はプリンスリーグ降格に
金沢が32歳FW水永の契約満了を発表...今季はレンタル先の北九州で28試合7得点

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加