西武・大石は90万円ダウン「数字よりも、がむしゃらに」

西武・大石は90万円ダウン「数字よりも、がむしゃらに」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/12/05
No image

西武・大石達也

西武の大石達也は5日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、90万円ダウンの1300万円(推定)でサインした。

昨季はキャリアで2番目に多い36試合に登板。今季は開幕一軍入りも果たし、シーズンを通しての活躍に期待されたが、5月に首痛で抹消。6月下旬に復帰を果たしたものの、約1カ月で再び抹消となるなど、今季は20試合の登板に終わった。

成績的には2勝負けなしの4ホールド、防御率は0.93と素晴らしい数字を残していただけに、悔やまれるのが2度の離脱だ。本人も「開幕から4月は順調で、今年はいけるかなと思った」といい手応えを掴んでいたことを明かしながら、「悔しいシーズン」と振り返る。

苦戦の元凶になったのは「首の痛み」だった。「マットレスや枕を変えたりしたが、対処法がわからない」と苦悩を告白。それでも「今は痛みは大丈夫。来年は数字よりも、とにかくがむしゃらに頑張りたい」と意気込みを語った。

また、今季はシーズン途中に恩師である森慎二投手コーチが急逝。「慎二さんに教えてもらったことを継続してやっていきたい」と恩返しへの想いは人一倍強い。「1年間通しての活躍を」…。決意を胸にプロ8年目のシーズンに挑む。

▼ 大石達也・今季成績
20試(19.1回) 2勝0敗4ホールド 奪三振17 防御率0.93

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
球界大御所がエンゼルス大谷翔平に警鐘「二刀流無理。選手生命縮める」
開幕投手託された!巨人・菅野が堂々公表 球団最多開幕戦4勝へ相手はメッセ
似合うぜ阪神カラー!尾仲が活躍約束「DeNAを抑えることが恩返し」
プロ野球「コーチの移籍ラッシュ」の裏側
横浜巡る「体験型」やベイスターズ福袋 そごう、高島屋がお披露目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加