Android陣営の「3Dセンサーカメラ」開発を阻む2つの問題

Android陣営の「3Dセンサーカメラ」開発を阻む2つの問題

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/01/11
No image

iPhone Xに搭載されたTrueDepthカメラは、これまでにもスマートフォンに搭載されていたような顔認証システムではありません。赤外線ドットを照射し、顔を立体的に捉えるセンサーからなる集合体です。この次世代技術に追いつくべく、Android陣営も開発を続けているそうですが、少なくとも2018年前半の段階ではリリースに漕ぎ着けることは難しいようです。

Appleに追いつくことは難しい

サプライヤー事情に詳しいニュースサイトDigiTimesによると、Android陣営のApple追従を阻むのは、技術的な問題とコスト的な問題だそうです。

とくに3Dセンサーの生産が追いついていないとされ、iPhone Xの生産が当初の予定よりも遅れた原因が、依然としてスマートフォン市場全体では解決していないことが指摘されています。

また、QualcommがHimax、Truly Optoelectronicsといったサプライヤーと協力して、XiaomiやOppoなどの中国ベンダーに3Dセンサーを提供することが噂されているものの、Android陣営がこうした新技術に気乗りしないために、計画自体が冷や水を浴びせられる状況となっています。

先日、Huaweiが独自開発した3Dセンサー技術「Point Cloud Depthカメラ」を発表した際には、Android陣営も一挙に同様の技術を手中に収めるとも思われましたが、やはり開発は体力のある企業に限られるようです。

3DカメラよりもAI機能の向上に関心か

DigiTimesによると、Android陣営が食指を動かすのは、3Dセンサーカメラよりも、音声インターフェイスや動画撮影、IoTを後押しするAI機能の最適化なのだそうです。

すでにQualcommやMediaTekといったサプライヤーがこうしたAIを補完するプラットフォーム構築に乗り出しており、2018年後半には実際にスマートフォン市場へ登場することが見込まれています。

Source:DigiTimes
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ウェブページの内容をExcelに変換してくれるサービス・拡張機能「Listly」
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
「NUC」やThin Mini-ITXでも使えるノート向け汎用ACアダプターが発売
任天堂の魔法?「段ボールでピアノ演奏」 仕組みを会社に聞くと...
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加