豪代表ケーヒル、W杯見据えメルボルン退団 移籍先はアジアか

豪代表ケーヒル、W杯見据えメルボルン退団 移籍先はアジアか

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/06
No image

2018年サッカーW杯ロシア大会、大陸間プレーオフ第2戦、オーストラリア対ホンジュラス。W杯出場権の獲得を喜ぶオーストラリアのティム・ケーヒル(左、2017年11月15日撮影)。

【AFP=時事】サッカーオーストラリア代表の歴代最多得点者でもあるベテランのティム・ケーヒルが、所属する豪Aリーグのメルボルン・シティを退団した。来夏に行われるW杯ロシア大会のメンバー入りを目指し、出場機会の増加を強く求めていることが理由だという。

6日に38歳の誕生日を迎えたケーヒルは、オーストラリア代表史上最多の通算50ゴールを挙げており、今回のアジア予選でも重要な役割を果たしたが、2016年にAリーグに参戦して以降は先発出場の機会が限られ、11月には「プレー時間を増やさないと」と話していた。

そのケーヒルは6日、「オーストラリアの国内リーグでプレーすることは、自分にとって常にキャリアの大きな目標だった。そして、ここでの経験は最初から最後まで充実したものだった。W杯予選は壮大な冒険だったし、国を代表してロシアで戦うことはこの上ない栄誉。これから数か月はそちらに集中したい」とコメントした。

イングランド・プレミアリーグのエバートンなどで活躍してきたケーヒルは、メルボルン・シティ加入前は中国スーパーリーグ(1部)でプレーしており、アジアのクラブへの移籍が可能性の一つとして浮上している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アーセナルFW倒した吉田麻也のプレーに「PK与えるべきだった」という意見も
「マンチェスター・ダービー」はシティが実力を示しリーグ14連勝! ユナイテッドとの勝点差は11に
バルサ『再び勝利する時』
「オカザキより闘える選手がほかにいる?」レスター地元紙が岡崎慎司の奮闘を絶賛!
「バルサ流はイングランドでも通じる」、ダービー制したペップが雄弁に語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加