ゴルフは姿勢から!スイング矯正ウェアラブルデバイス「SwingLync」

ゴルフは姿勢から!スイング矯正ウェアラブルデバイス「SwingLync」

  • Techable
  • 更新日:2017/09/17
No image

ゴルフ用語に「明治の大砲」という言葉がある。余計な力を入れ過ぎるが故に、体重が後方にかかってしまう状態を指している。

昔の大砲は駐退機がなく、撃ったらその反動で大砲ごと後ろに飛ばされた。まさにその状態を揶揄しているわけだ。

この明治の大砲を克服するには、第一にフォームの矯正である。しかし、これが難しい。上級者が傍らにいてくれないと、なかなか練習できないものだ。

これを最先端テクノロジーで克服できないものか。

・3つのセンサーでフォームを矯正

No image

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に、興味深い製品が登場した。ゴルフ練習デバイス「SwingLync」である。

これは、フォームの矯正に特化したものだ。腕、背中、腰に専用センサーを取り付け、身体の各部位の角度を算出。その組み合わせから使用者のフォームを割り出すという仕組みになっている。

もし使用者のフォームが明治の大砲になっていたら、接続先のスマートフォンにその情報を通知し、改善点を指導してくれる。セットアップ、トップ、インパクト、フィニッシュの4段階ごとのフォームを画面に表示するのだ。

腕センサーは腕時計型で、背面センサーは専用のハーネスが用意されている。使用者の動きを邪魔するものでは、決してない。

・米国内のみの配送

No image

これさえあれば、自分ひとりでの練習がはかどるはずだ。

値段を見てみよう。9月14日の時点では、Kickstarterにおいて199ドル(約2万2000円)からの投資での配送を約束している。ただし、配送時期は来年4月とかなり遅めではある。

そして残念ながら、このSwingLyncはアメリカのみでの提供になるそうだ。もちろん、日本での代理販売店が見つかればその限りではなくなるだろうが。国際進出が待ち望まれる製品のひとつである。

Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3年前に決めていた?auが踏み切った「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」での3G通信非対応
【iOS11】コントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできなくなったことが判明
ドコモが1つの番号をスマホとアクセサリ端末で共有できる「ワンナンバーサービス」の提供を開始
AmazonがフルHDディスプレイや高速クアッドコア・プロセッサー搭載した新型『Fire HD 10』を発売
ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加