【速報】大坂なおみ 決勝進出。全米に続く2大会連続Vまであと一つ[東レ パン・パシフィック・オープン]

【速報】大坂なおみ 決勝進出。全米に続く2大会連続Vまであと一つ[東レ パン・パシフィック・オープン]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/09/22
No image

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月17日~23日/ハードコート)の大会6日目、女子シングルス準決勝で、第3シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦。6-2、6-3で大坂が勝利し、決勝進出を果たした。

勝利した大坂は、決勝で第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。プリスコバはドナ・ベキッチ(クロアチア)を破っての勝ち上がり。

第2セットもジョルジのサービスから。第1ゲームで大坂はデュースの末にブレークポイントを握るも、ここはチャンスを活かすことができなかった。続く第2ゲームでは逆にジョルジにデュースへ持ち込まれたがなんとかしのぎ、お互いにキープし合う展開になった。

そして第5ゲームで大坂は15-40と2本のブレークポイントを握る。一旦はしのがれてデュースになったが、ジョルジのダブルフォルトでアドバンテージを奪った大坂がラリーを制してブレークに成功する。

その後はお互いにキープが続く。大坂は左右にサーブを打ち分け、ジョルジにチャンスを与えない。ゲームカウント5-3で迎えた第9ゲーム、ジョルジのダブルフォルトによって30-40とした大坂がラリーを制してデュースに持ち込む。そしてこのチャンスを見事に活かしてこのゲームを取り、6-3で第2セットを連取して勝利を決めた。

これで大坂は「全米オープン」1回戦から10連勝。2大会連続の優勝まであと一つとした。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」準決勝での大坂
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女王ハレプがクレムリン杯を棄権、最終戦出場へ暗雲
キリオス エース25本で勝利
シモン キャリア通算450勝
【10/16試合結果】ダニエル太郎、マクラクラン勉ペアが初戦で姿を消す
チョン 快勝で初戦突破
  • このエントリーをはてなブックマークに追加