最新ランキングをチェックしよう
女主人と番頭の密通で経営がかたむきはじめた酒屋

女主人と番頭の密通で経営がかたむきはじめた酒屋

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/08/11

イラスト/フォトライブラリー
『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 延享(1777~48)の初め、湯島天神の境内に加賀屋という酒屋があり、主人は又兵衛といった。
 又兵衛には息子がひとりいたが、商売をきらって家を飛び出し、俳諧師となって超雪と名乗り、気ままな生活をしていた。
 主人の又兵衛が死んだ。このままでは加賀屋は立ちいかないので、親類縁者が集まって相談し、超

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
アサイン、イシュー?その言葉の意味、わかっていますか
人気イベント「赤坂蚤の市」が新宿に進出! 宝探し感覚でお買いもの
「スペックにとらわれていたのは自分だった...。」東京での婚活に奮闘したエリート男が、最後に辿り着いた答え
子どもを満席電車で座らせるママが許せない!なぜ疲れきった私が立たなきゃないけないの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加