【現地発】プレミアで流行る「監督のローテーション」。彼らはなぜクビにされても起用されるのか?

【現地発】プレミアで流行る「監督のローテーション」。彼らはなぜクビにされても起用されるのか?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/05
No image

スウォンジー就任が噂されるピュリス。堅実なチーム作りに定評がある指揮官だが…。 (C) Getty Images

No image

パーデュー(左上)、アラダイス(右上)、モイーズ(左下)、ホジソン(右下)。彼らはなぜ「退屈」と揶揄されながら仕事を得られるのか? (C) Getty Images

プレミアリーグはシーズンが半ばに近づくと、毎年12月からの過密日程が始まり、それと同時にプレミアリーグを戦い抜く手段として、「選手のローテーション」という言葉を耳にする機会も増える。

だが今シーズンは、過酷なリーグを生き抜くための“監督のローテーション”が話題だ。

先月、ウェストハム(18位)、WBA(17位)、エバートン(16位)は、それぞれデイビッド・モイーズ、アラン・パーデュー、サム・アラダイスの招聘を決めた。いずれも、新監督ではあるが、プレミアではもはやお馴染みの指揮官たちだ。

さらに今年9月には、オランダ人指揮官のフランク・デブールを招き、一大転換を行なうも、スタートダッシュに失敗したクリスタル・パレスが監督交代に踏み切り、プレミア史上最年長の新監督としてロイ・ホジソンを迎え入れてもいた。彼ら4名がプレミアのクラブの監督に就任した回数は、合計で21回に上る。

無論、必要とされるだけの経験の持ち主だという見方もできる。アラダイスとホジソンには、「ミラクル」と称賛された降格圏からの脱出を実現させた実績があり、モイーズとパーデューも含め、守備を立て直し、負けにくいチームを作ることのできる監督たちだ。

しかし、降格の危機が去った後は、次第にオーナーからも、そしてファンからも、退屈な目で見られるようになり、チームが降格圏付近に落ちたところで見切りをつけられやすいのも彼らの共通点。そしてクラブは、また同じような残留争いの「火消し役」を迎えるサイクルに入る。いわば、監督の「堂々巡り」のようなものだ。

例えば、先月29日にWBAの新監督となったパーデューは、昨年12月に前任地のクリスタル・パレスで、アラダイスと首をすげ替えられていた。両者には、元ウェストハム監督という共通点もある。

この時のアラダイスのクリスタル・パレス就任は、世界的に規則で禁じられている選手の第三者保有について「ばかげたルール」と発言したことが発端となり、2か月という超短命に終わったイングランド代表監督解任から間もない頃でもあった。

この2016-17シーズンの開幕前にサンダーランドに着任していたモイーズも、退屈なサッカーに終始し、結局、降格の憂き目に遭い、わずか1年での退任を余儀なくされていた。それでも、先月7日からパーデューやアラダイスと同じようにウェストハムの新監督となった。

モイーズには、エバートンでの11年という長期政権の実績もあるが、それは、残留争いに巻き込まれながらも、まだ38歳でプレストン(2部)の青年監督に過ぎなかった彼に、全てを託したクラブの勇断に負うところも大きい。

当時と現在では降格に伴う経済的ダメージが桁違いだろうが、今のプレミアのオーナーたちにも、降格の危機を長期的な視点で転機と捉えられる勇気を求めたいものである。 今シーズンも、当時のモイーズほど若くはないが、43歳のガリー・ロウェット(ダービー)や、50歳のクリス・ワイルダー(シェフィールド・ユナイテッド)など、プレミアでの指揮を託しても良いと思える有能な国産監督が2部リーグにはいる。

一方、「監督ローテーション」採用組の代表格ウェストハムは、クラブのアイデンティティーと呼べるスタイルが確立されるわけでもなければ、降格の危険と無縁というわけでもないシーズンが繰り返されている。

現在のホジソン体制誕生前の2年間で、パーデューとアラダイスが指揮を執っていたクリスタル・パレスも同様だ。それでも、今の投資家たちは降格のリスクを嫌い続けるのだろう。

12月1週目の15節を終えた時点で、新たにスウォンジーが、“監督ローテーション”を採用する可能性がある。

WBA(17位)、クリスタル・パレス(18位)、ウェストハム(19位)をも見上げる最下位に落ちたクラブの現状を見て、アメリカ人オーナーは、ポール・クレメント続投の是非を検討しているに違いない。

その後任として有力視される1人は、トニー・ピュリス。降格回避に必要な安定性のある、質実剛健なチーム作りを得意とする監督の一人だ。

しかし、そのスタイルが無味乾燥と捉えられて、11月20日にWBAを解任されたばかりのウェールズ人指揮官もまた、自身の後釜となったパーデューの他、ホジソンとアラダイスにも共通するクリスタル・パレスでの監督歴を持つ、紛れもない「ローテーション監督」なのである……。

文●山中忍

【著者プロフィール】
やまなか・しのぶ/1966年生まれ、青山学院大学卒。94年渡欧。イングランドのサッカー文化に魅せられ、ライター&通訳・翻訳家として、プレミアリーグとイングランド代表から下部リーグとユースまで、本場のサッカーシーンを追う。西ロンドン在住で、ファンでもあるチェルシーの事情に明るい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アーセナル司令塔エジルの超絶ボレー弾に反響 「魔法の瞬間」「ジダンを思い起こす」
乾貴士、待望の今季初ゴール! 2位バレンシアとの一戦で貴重な先制弾
「なんて才能だ!」 レアル三人衆がテニスボールで圧巻スキル、海外称賛「魔法見せた」
「敗者は日本」「恥をかかされた」 韓国紙が男女ともE-1制覇を逃した日本を酷評
【FIFA クラブワールドカップ 2017 UAE 決勝戦 ハイライト】【ハイライト動画】レアル・マドリーがグレミオを圧倒し、史上初の連覇達成。CR7のFKが決勝点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加