ロッテ角中1回にランニング弾「その後はフラフラ」

ロッテ角中1回にランニング弾「その後はフラフラ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本ハム対ロッテ 1回表ロッテ2死、中堅手西川が飛球をこぼす間にランニング本塁打を達成する角中(撮影・黒川智章)

<日本ハム4-6ロッテ>◇14日◇札幌ドーム

ロッテ角中勝也外野手(30)が5打席に立ち、規定打席に達した。

初回に先制の6号ソロ。プロでは初となるランニングホームランだった。その後は凡退が続いたが、9回に味方がつないだため、打席が回ってきた。5打席目で、ちょうど規定に到達した。

「(ランニングホームランで走ったため)おかげで、その後はフラフラでした」と苦笑い。規定到達については「443です」と、あくまでシーズン規定打席数である443打席を目標とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
清宮、プロ志望届提出の意思固める 近日中に会見
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
  • このエントリーをはてなブックマークに追加