日本ハム近藤は500万減「何もしていないので」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

契約更改を終え会見する日本ハム近藤(撮影・黒川智章)

日本ハム近藤健介捕手(23)が1日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円ダウンの4300万円で合意した。「何もしていないので当たり前」と受け止める。

今季は開幕前に痛めた左膝の影響で出遅れた。80試合に出場し、本職の捕手では1試合にとどまったが、主に右翼、指名打者で先発。打率は2割6分5厘だった。守備位置には「こだわりはない」と、きっぱり。「まずは膝を治していきたい。1年間ずっと出られるようにやっていきたい」と、巻き返しを誓っていた。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
巨人内海、亀井「35歳最強説」体現を誓う
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人、“4年越しの恋人”マギーと合意!V奪回へ打も大補強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加