最新ランキングをチェックしよう
欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/29

株式会社フィスコ
 29日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円15銭から112円73銭まで上昇した後、112円60銭台で推移している。この後発表される米国の7-9月期GDP改定値や11月消費者信頼感指数の改善予想から、ドル買いが優勢になっているもよう。 ユーロ・ドルは1.0614ドルから1.0582ドルまで下落した後、1.0600ドル付近で推移。ユーロ・円は119円01銭から119円46銭ま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
橋下徹「スクープ!これが森友学園問題の真相だ」
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性...崩れる「国有地払い下げ」説
【フィリピン】仮想通貨 8年ぶりの大幅なペソ安の救世主となるか
「あまりにかわいそうなので......」 「てるみくらぶ」内定者を選考なしで採用 JALFの思い
「てるみくらぶ」破産手続き開始 倒産続く中小旅行業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加