最新ランキングをチェックしよう
欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/29

株式会社フィスコ
 29日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円15銭から112円73銭まで上昇した後、112円60銭台で推移している。この後発表される米国の7-9月期GDP改定値や11月消費者信頼感指数の改善予想から、ドル買いが優勢になっているもよう。 ユーロ・ドルは1.0614ドルから1.0582ドルまで下落した後、1.0600ドル付近で推移。ユーロ・円は119円01銭から119円46銭ま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元マネーの虎・南原竜樹「“就職”を考え面接受けるも一社も受からず...」
負債11億...神田神保町の老舗「芳賀書店」の社長に21歳で就任した三代目。まず始めたことは身内を切ること
現WWE王者がXbox 360本体入りバッグを盗まれる
マック、なぜ一度離れた客が再び店舗に戻ってきた?意外な外的要因による悪いイメージ払拭戦略
中国ホワイトカラーの年末ボーナス事情、「ダッチワイフ」支給も―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加