最新ランキングをチェックしよう
欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

欧州為替:米指標の改善予想でドル買い優勢

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/29

株式会社フィスコ
 29日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円15銭から112円73銭まで上昇した後、112円60銭台で推移している。この後発表される米国の7-9月期GDP改定値や11月消費者信頼感指数の改善予想から、ドル買いが優勢になっているもよう。 ユーロ・ドルは1.0614ドルから1.0582ドルまで下落した後、1.0600ドル付近で推移。ユーロ・円は119円01銭から119円46銭ま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大人の男性が乗れる電動アシスト自転車...パナソニックの「ジェッター」&「ハリヤ」
今なら駆け込みセーフ! 6月から値上がりするものをチェック
【ホンダ CBR250RR 試乗】近年稀にみる「バカ売れ」には理由がある...青木タカオ
シルクエアー、広島〜シンガポール線開設 10月30日から週3便
上場企業の「平均年間給与」は605万7000円!最も平均が低い業界は3年連続であの業界
  • このエントリーをはてなブックマークに追加