Shuta Sueyoshi(AAA)、イルミネーションの中で新曲初披露

Shuta Sueyoshi(AAA)、イルミネーションの中で新曲初披露

  • BARKS
  • 更新日:2017/10/13
No image

AAAのShuta Sueyoshi(末吉秀太)が10月12日(木)、首都圏最大級のイルミネーション「よみうりランド ジュエルミネーション(R)」の点灯式に出席した。

◆イベント画像

今回Shuta Sueyoshiは、自身ソロの新曲「秒針 Re:time」が「よみうりランド ジュエルミネーション2017イメージソング」に決定したのを受けてゲストとして出演。ジュエルミネーションのプロデューサーであり照明デザイナーの石井幹子氏らと共に登壇すると、この日集まった約1000人のファンからは大歓声が上がった。

Shuta Sueyoshiはステージ上で「もともとイルミネーションは好きでしたし、よみうりランドでしか見れないこのジュエルミネーションの点灯式にゲストとして呼んで頂けて光栄です。」と喜ばしい表情を浮かべた。また「秒針 Re:time」の聴きどころも自ら解説。「以前出した3曲とはまた異なったテイストの楽曲でとても聴き心地も良く、そもそもの音、コーラス、効果音、全てにこだわりました。今回、共作で作詞もさせて頂いたので曲の世界観に浸りながらなにか感じていただけると嬉しいです。」と述べた。

点灯式の終盤には、60m幅、最高到達地点15mの噴水177本と高さ12mの巨大リング噴水、そしてウォータースクリーンを使った噴水ショーと共にタイアップ曲「秒針 Re:time」含む3曲を披露した。この日初披露された「秒針 Re:time」は、10月27日(金)にiTunesにて先行配信されることが決定している。

◆Shuta Sueyoshi『AAA』 オフィシャルTwitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ほのかりん、金髪ボブで4曲熱唱 ゲス川谷と破局後初の公の場
ポルノグラフィティ、大谷亮平×本田翼W主演サスペンスに“Blues”書き下ろし
Softly、2017年12月をもって活動休止を発表
森山直太朗、デビュー15周年ツアー千秋楽より「生きてることが辛いなら」
ユニット「しんつよ」ユニットでCDデビューへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加