中日大島、右足骨折でフットガードを少し広げる

中日大島、右足骨折でフットガードを少し広げる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

SSKプロスタッフ会議に出席し試作のグラブを手に取る大島(撮影・清水貴仁)

中日の大島洋平外野手(32)と平田良介外野手(29)が7日、大阪市内で行われたSSK社のプロスタッフ会議に出席し、来季の用具について打ち合わせを行った。

大島は8月に死球を受けて右足を骨折したことから、フットガードの足を覆う部分を少し広げた。こだわりの強いグラブはメーカー側が持参したもので一発OK。従来の型を踏襲するがフィット感がよかった。ゴールデングラブ賞5度の名手は「今年は逃してしまった。もう1回取りにいきます」と宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人ゲレーロ獲得 攻守でチーム強化を託せる理由
人的補償で阪神入り尾仲、ボディー改造に着手 体重増目指す
巨人『菅野組』、ハワイ自主トレ出発「他の子の人生を預かっている」
【MLB】大谷の心強い味方 エンゼルス名手3人の“美技動画”に「シーズンが待ち遠しい」
「ジョーダン」じゃない!ヤクルト、手薄の左腕・アルメンゴ獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加