木幡育、1カ月騎乗停止 禁止薬物「フロセミド」検出

木幡育、1カ月騎乗停止 禁止薬物「フロセミド」検出

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

JRAは14日、木幡育也(18=美浦・藤沢和)を14日から10月13日まで騎乗停止とした。10日に実施した騎手の薬物使用に関する検査で、対象薬物として指定されている利尿剤「フロセミド」が検出されたことが判明。これが日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号(競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者)に該当するため。

No image

木幡育也

JRAでの薬物使用による騎乗停止は、短期免許で来日していた昨年2月の検査でオキシコドンが検出されたコントレラス(メキシコ)に次いで2例目。木幡育はむくみを取るために使用したと話しているという。

木幡育也は木幡初広の三男で、兄2人に続いて今年デビューした。4月15日の福島7Rで初勝利を挙げるなど、ここまで112戦4勝の成績を残している。

▽フロセミド 利尿剤の一つ。白色の結晶または結晶性の粉末で水にほとんど溶けない。効能効果は高血圧症、悪性高血圧、心性浮腫など。むくみの改善にも使われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
キンタロー。が夫をGPS監視しながら送ったLINEが怖すぎる!
後部座席に座った人のマナーが最悪すぎ! 足が私の肘置きに乗せられているんですけどぉおおおおっ
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
“元プロ棋士”投資家・桐谷氏を救った株主優待
違うそうじゃない!加工技術は凄いけど、結果がいちいち斜め上なジェームズ・フリードマンの合成写真その2 15枚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加