イングランドがサウスゲート暫定監督と4年契約

イングランドがサウスゲート暫定監督と4年契約

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/12/01
No image

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、ガレス・サウスゲート暫定監督(46)を正式な代表監督として承認したことを発表した。契約期間は、2018年ロシアW杯やEURO2020を含めた4年間となる。

イングランド代表は今年9月、おとり取材での不適切発言の発覚により、サム・アラダイス前監督を就任から67日で解任し、後任としてU-21代表のサウスゲート監督を暫定監督に据えていた。以降、サウスゲート監督は4試合で指揮を執り、2勝2分と負けなし。ロシアW杯欧州予選ではグループFで2位スロベニアに勝ち点2差をつけて首位に立っている。

FAによると、サウスゲート監督の正式な指揮官としての最初のゲームは、来年3月22日にドルトムントで行われるドイツとの親善試合。その後、同3月26日にウェンブリースタジアムで開催される欧州予選でリトアニアと対戦する。

●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今年、世界で最もInstagramのフォロワーが増えた著名人は?最も「いいね!」が多かった写真は?
<サッカー>中国クラブの熱視線は韓国人から日本人へ、日本代表主力3選手が中国移籍の可能性も―中国メディア
シャルケ内田、先発で復帰の可能性も...指揮官「準備ができている」
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
ジダン監督、レアルのトップチーム指揮が50試合到達...わずか2敗、勝率は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加