柔らか&厚切り豚肉とたっぷり野菜をごま油香る中華あんでまとめた「とろうま豚中華丼」をすき家で食べてきた

柔らか&厚切り豚肉とたっぷり野菜をごま油香る中華あんでまとめた「とろうま豚中華丼」をすき家で食べてきた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/01/22
No image

柔らか&厚切りの豚肉と白菜・筍・人参・きくらげなどの野菜をごま油が香る中華あんで仕上げた「とろうま豚中華丼」の提供をすき家が開始しました。同日に、中華風スープに生姜をたっぷり入れた「生姜スープ」と、漢方の原料である仙草(センソウ)をゼリーにしたという「仙草ゼリー」も登場しているので、お得なセットで食べてきました。

『とろうま豚中華丼』『仙草ゼリー』1月22日(水)朝9時より新発売 | すき家

https://www.sukiya.jp/news/2020/01/20200115.html

すき家に到着。

No image

店頭では目当ての「とろうま豚中華丼」がポスターで大きくアピールされていました。

No image

注文後、5分弱ほどで「とろうま豚中華丼 生姜スープ&仙草ゼリーセット」(税込780円)が到着。とろうま豚中華丼(税込650円)、生姜スープ&仙草ゼリーセット(税込170円)、そして仙草ゼリー(税込150円)として別個に注文することも可能。

No image

これが「とろうま豚中華丼」

No image

具材は白菜・たけのこ・人参・きくらげなどで、あんは中華風のとろみのあるあん。ごま油の香りが漂ってきます。

No image

豚肉は厚切り。

No image

厚みのある豚肉は箸からこぼれそうなほどの柔らかさで、脂がたっぷり。中華あんの味わいがギュッと染みこんでいます。

No image

「とろうま豚中華丼」には辛子が付属してくるので……

No image

角煮のように豚肉に辛子をかけて食べるのもアリです。

No image

野菜をご飯と合わせて食べると、それぞれの野菜の味わいが、あんの中華味によってバシッと調和しており、「中華丼」といわれて想像する通りの期待を裏切らない味わいです。一方で、ベースとなるあんの中華味が強いため、それぞれの具材の味わいはインパクトが弱め。具材の多さに比べて味は単調に感じます。きくらげやたけのこはシャクシャクの食感が噛んでいて楽しく、アクセントになっていました。

No image

次はセットで注文した、「生姜スープ&仙草ゼリーセット」を食べてみます。

No image

生姜スープはわかめがたっぷり入った中華風スープで、飲むごとにジワジワ強まる生姜の味わいが印象的。後味になるころには、口の中が生姜の味でいっぱいになります。

No image

「仙草ゼリー」がこれ。台湾や中国で用いられる漢方の仙草を使ったゼリーで、色合いは真っ黒。ゼリーの質感が光沢を出しているので大理石のような鉱石にも見えます。

No image

周りのココナッツミルクソースと一緒にすくって……

No image

食べてみると、ココナッツミルクソースのさっぱりした甘さが強く、ほぼココナッツミルクゼリーのような味わい。仙草ゼリー自体は漢方薬のような独特の風味が感じられるものの、寒天の味わいのほうが強く、「仙草ってこんな味」ということを感じることは難しい印象でした。仙草は苦味が強い薬草とのことなので、食べやすく仕上がっているといえるかもしれません。

No image

「とろうま豚中華丼 生姜スープ&仙草ゼリーセット」は2020年1月22日から2月中旬まで全国のすき家で食べられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ローソン・ファミマ・セブン】今週のヘルシー新商品6選!1/2日分の野菜が摂れるサラダやみぞれ鍋など登場☆
「温泉」「半熟」「固ゆで」、三種のゆで卵がつくれる「エッグスチーマー」
『鉄腕DASH』国分太一の“食べ方”がおかしい?「本当に無理」「ダメな大人」
ローソンの「はみ出すホットドック」が好調! 想定の3倍の売れ行き「パリパリでうまい」
今週のファミリーマート新商品6選☆クリーミーな物からヘルシーな物までご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加