早実・清宮、高校ラストゲームで白星 進路は「一番いい選択を」

早実・清宮、高校ラストゲームで白星 進路は「一番いい選択を」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/11

第28回WBSC U―18ワールドカップ(W杯)は10日(日本時間11日)、カナダのサンダーベイで3位決定戦が行われ、侍ジャパン高校日本代表は地元・カナダに8―1で快勝。主将を務めた早実・清宮は高校生活最後の試合を白星で終えた。

No image

カナダ戦後、涙ぐみながらインタビューに答える清宮

【清宮に聞く】

(インタビューの前に涙)

「小枝監督にウイニングボールを渡したんですけど、何か渡した時にすごく申し訳なかったなと。キャプテンでしたけど、全然打てなかったですし、その中でずっと4番で使ってもらっていた。もう少し自分が打っていれば、決勝にも進めたと思うし、世界一も狙えたと思う」

――世界大会で得たことは?

「まだまだ自分の実力がないなと。練習しないといけないものが多くあるなと。でも、成長の余地があるなという気もする」

――高校3年間で得たことは?

「全部と言えば、全部ですね。早実の練習でも必死になってやったし、神宮でも甲子園でも、ひたすらみんなで勝ちを目指してやった。ここでもみんなで勝ちを目指してやれた。試合に臨む前のみんなの表情とか、景色とか。やっていて楽しいなとか、みんなを引っ張る楽しさを感じた」

――高校通算111本塁打で終了した

「キリがよくて良かったです。1、1、1で。国際大会で打ててなかったので、あまり良くはなかったけど、2本打てたのはほっとしたという感じ」

――早実の新チームの戦いが始まった

「(新主将の)野村中心にやってくれている。センスがある奴らばかりなので、自分たちよりも上の成績を残してくれると思っている」

――今後はどんな形で野球をしていくか

「自分は打ったりする喜びより、ベンチとか、観客の人が喜んでくれることがうれしい。自分の結果より、声援とかの方がうれしい。自分はそこを目標にというか、たくさん声援をいただける選手になりたい。いろんな人が喜んでくれる選手になれればいい」

――来年はどんな自分に

「まだ決めていないので。まあ、進路次第だと思うんですけど、どの道に行っても、目の前のことを一つ一つやっていかないと先はない」

――最後の打席は死球

「最後なので、思い切って振ろうと思ったんですけど。こういう結果だったので、しょうがないです」

――最後は笑顔でという感じ?

「みんな試合前から雰囲気良かったですし、最後は自分たちの野球をやろうと言っていた。試合中もイキイキしていたし、伊藤に初ヒット出た。3年生の意地というのを感じた」

――高校野球は最後

「終わっちゃったんだなと。ちょっと涙出たりしたんですけど、もう高校野球できないんだなと思うと、寂しいし、悲しかった」

――進路は全部終わってから考えるつもりだった?

「そうです」

――これから考える?

「 そうです」

――世界と戦って感じたこと

「みんな体が大きいし、球も速いし、スイングも速い。こういう子たちとやっていると楽しいというか、夢があるなと思う。メジャーのニュースもいっぱい見るし、自分はこういう雰囲気もすごく好き。やっぱり、将来はこっちに来てやりたいなと思った」

――リトルリーグの時から夢は変わってない?

「もちろんです」

――進路は何を優先して選ぶ?

「消去法は嫌なので、自分が何をやりたいかを見つけて、一番いい選択をしたい」

――家族と相談?

「そうです」

――家族の意見は大きい?

「まあ、(父と母が)早稲田と慶応なので(笑い)まあでも、大学の良さを知っているじゃないですか。いろいろ相談したいと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新生大阪桐蔭コールド発進!U18侍・藤原“清宮効果”ランニング弾
最速147キロ右腕の大船渡・佐々木投げず初戦敗退
高校野球「来春センバツからタイブレーク制導入決定」 延長十三回から
福井で波乱。2冠王者・丸岡が福井工大福井にPK戦で敗れて初戦敗退
来春センバツからタイブレーク導入!延長13回から実施の訳は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加