レクサス CT200h、欧州で2018年型...先進運転支援が充実

レクサス CT200h、欧州で2018年型...先進運転支援が充実

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/13
No image

レクサスCT200hの2018年モデル

もっと画像を見る
レクサスは11月10日、『CT200h』の2018年モデルを欧州で発売した。

CT200hの2018年モデルのハイライトが、先進運転支援システム(ADAS)の充実。予防安全パッケージの「レクサス・セーフティ・システム+」を設定し、安全運転支援を強化している。具体的には、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストアラート、ロードサインアシスト、プリクラッシュシステム、自動ハイビームを用意した。

また外装は、新デザインのメッシュパターンを持つスピンドルグリルを採用。ヘッドランプ上部には、アローヘッド形状のクリアランスランプをレイアウトするなど、フロントマスクを中心にイメージチェンジを図った。

インテリアは、シート表皮に2トーンカラーを採用。ナビゲーションシステムのディスプレイは10.3インチに大型化し、利便性を引き上げている。

ハイブリッドパワートレインは、1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力99hp)に、モーター(最大出力82hp)の組み合わせ。0~100km/h加速10.3秒、最高速180km/hの性能を発揮する。欧州複合モード燃費は27.8km/リットル、CO2排出量は82g/kmと公表されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
要らぬなら殺してしまえ「完成規則」
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加