「まだ何も決まってない」 値千金のPK弾...主将・阿部、第2戦も「全力で」

「まだ何も決まってない」 値千金のPK弾...主将・阿部、第2戦も「全力で」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/11/30
No image

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝の第1戦が29日にカシマスタジアムで行われ、浦和レッズは鹿島アントラーズと対戦し、1-0で勝利した。試合後、PKで得点を決めたMF阿部勇樹がコメントを残している。

スコアレスで迎えた57分、FW興梠慎三がDF西大伍に倒されて獲得したPKのビッグチャンスを、真ん中に蹴りこみ見事ネットを揺らした阿部。当該シーンを、「興梠選手が体を張ってPKをとってくれたので、あれは決めなければいけなかったです。また、決めることによって他の頑張っているメンバーも、少し気持ちが楽になると思うので、自信を持って蹴って、入ってよかったと思います」と振り返った。

その後、鹿島の攻撃を抑え、完封勝利。浦和は大きなアドバンテージをもって決勝第2戦に臨むこととなった。それでも阿部は、「まだ何も決まってないです。次戦、12月3日、ここで勝たないと意味がないです。サッカーは何が起こるか分からないスポーツだと思っているので、必ず今日のように全力で皆でプレーして、ホーム埼玉スタジアムで勝って終わりたいなと思います」と気を引き締めるとともに、多くのサポーターの前での勝利を誓った。

決勝第2戦は12月3日(19時30分キックオフ)に浦和のホーム・埼玉スタジアムで行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田圭佑、久々の出場で決勝ゴール演出
元SUPER☆GiRLS荒井レイラ 初のフルマラソン完走達成、雪辱晴らす
涙には様々な思い...柿谷が語った「ケンペスのおかげ」
岩政「岡山で2年間でやり切った」...現役引退にも含み「いろいろと考えたい」
【蹴球日本を考える】なぜ浦和は“勝負弱い”ままなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加